タグ:ワクチン ( 5 ) タグの人気記事

2009年フェレット病院おさめ

b0025926_162174.jpg

本日ロビー君をジステンパーワクチン接種に病院に連れて行き、無事に今年の病院通いが終了。

ロビーは本当は先月に注射のはずが、他のフェレの通院に忙しくて、後回しにしてました。体重が減り、脱毛が続いて、多少心配でしたが、両方とも発情中だからでしょうってことでした。去年の今頃の体重も今と同じような1.25キロ。春が1.4キロなのでこれは発情痩せですね。脱毛もこれだけ男性ホルモンが活発なら(タマタマは大きいまま)当然ですと言われました。杞憂でよかった。

が、しかし、春に「胃の中の毛球がなくなってる」って言われて喜びましたが、その毛球を再発見。移動してただけみたいです。大きさといい形といい、下から出る可能性は低いけれど、5歳という年齢と今のところ何の影響もないということを考えると、無理に外科手術でとる必要はないとのことでした。まあ、様子見かな?

我が家で唯一大きな病気をしてないロビー。このまま普通に年をとっていってほしいです。

b0025926_16211748.jpg

今週始めはジュリの通院でした。TP値はやや下がってました。病院の機械で計れる10.4g/dlでした。このままステロイドのみで様子見です。この頃調子がいいらしく、「食う寝る出す」以外の「遊ぶ」をするようになり、一時期黒っぽくて脂っぽい軟便をしていたのが、普通便をする回数が増え、起きてる時間もちょっと増えました。700g前半だった体重も、じわじわ増え、800gを越えました。ただし、ドライフードをまったく食べなくなりました。手作り食と猫缶+免サポのごはんを交互に食べてます。

その日は待合室でフェレ友さんとばったり。ロビーの親戚君がおかしな咳をしていたので、心臓病ではないかと来院したそうです。が、結果まったくの健康体だったそうです。よかった。その時に、脱水症状の場合はロイカナの電解質サポートより、大塚製薬のOS-1(経口補水液)の方がフェレットは喜んで飲むことを教えていただきました。ジュリのために常備することにします。

OS-1と家で作れる補水液

来年は1月中旬ぐらいにニコ、下旬にジュリが通院予定。両者とも安定してるので今のところは安心です。
[PR]
by amica_c | 2009-12-26 23:13 | Health

春のワクチン

ラテとバティの今年のワクチンをすませました。これで春組(ニコラテバティ)は終了。あとは秋組になります。

さて、懸案のアルの血糖値。三週間ぶりに血糖値だけ検査してもらいました。今度はバティとジュリを付き添いにして、リラックスさせ、朝ごはんを食べさせてからにしました。結果……変わらず。70代の低血糖でした。が、うちが行っている病院ではこの数値ではインスリノーマという診断にはならないそうです。アルは血糖値だけで、他の数値は正常だし、ぐったりしたり元気がないという症状が出てないので、「血糖値が低い」というだけの扱いになり、経過を見守るという対処になるそうです。尿検査もレントゲンも必要ないと言われました。ただ、これから定期的に血糖値検査は続けていくことになりました。

このくらいの数値の子の方が、インスリの子より血糖がちょっと下がるという状態に弱いそうです。ちょっと下がっただけで発作を起こすこともあるそうで、その点だけ注意してって言われました。亡父の遺品にあったブドウ糖をもらっておいたのが、役に立つ?

食餌療法を普通は勧められるんですが、うちは普段のごはんが食餌療法みたいなもので、んー、あとはタンパク質が消化吸収しやすいようなサプリを足す程度かな? あとは幸運にも某さんより送っていただいて本日到着したサプリを試してみるつもりです。これについては成果があったら後日書きます。引越が終わって落ち着いたら、ちょっとアルのお肉を食べる練習を強化します。もっとワシワシ食べてほしいです。アゴを動かし代謝を活発に!
[PR]
by amica_c | 2006-04-16 02:47 | Health

久々の病院

b0025926_17211496.jpg春の陽気に誘われて、本能の導くままにちょっと穴掘り。

b0025926_17213279.jpgこうして大地に耳をつけてみれば、春の鼓動が聞こえてくる……。

なーんて訳ではなく(笑)、掘り掘りした後匂いつけのマーキングをしてるところです。なんだか気絶してるみたいに見える(笑)。うちはこれから毎年ロビーの発情行動で春の訪れを知るようになるのですね。風流?(笑)


去年の秋のアルのお迎え騒動から半年弱。久しぶりに病院に行きました。本当はもっと早くいきたかったんですが、こちらがバタバタしてしまって。ニコの今年のジステンパーをすませてきました。本当は先月末だったんですが、告別式やらなんやらだったので延ばしてました。軽い健康診断もしてもらって何事もなし。

そして、アルの健康診断。精神的にも落ち着いてきたし、体重の上下変動もおさまったしってことで、血液検査をしました。触診などしてもらい、歯のチェックもしてもらい、改めて年齢判断をしてもらうと、去年診てもらった時より若いかもって…。2歳ぐらいかな?って判断でした。えー、来月3歳って仮の誕生日にしちゃいまいたが(^_^;)。ま、いいかぁ。触診の結果もなんともなく、毛ぶきもいい、表情もいいってことで、多分血液検査も大丈夫でしょうってことでしたが…。

血糖値が低かったです! しかも微妙に。インスリノーマと言うには高く、平常と言うには低いってラインでした。実は7〜8時間絶食状態での検査だったので(うちは肉を喰わせてる関係で、最低でも5〜6時間絶食させてから検査してます)、来月再び血糖値だけ検査に行きます。次は朝ご飯をあげてから検査してみます。来月はラテのテンパーワクチン接種がありますし、ニコラテも去年のお誕生日検診をしてないので(去年の誕生日は下痢っぴー明けでした)、一緒に来月血液検査をします。年齢的にインスリになるにはまだ若いから、多分違うと思いますよーって言われて病院をあとにしました。ストレスかなぁ? 来月は精神安定剤にジュリを一緒に連れて行こうかな?(笑)
[PR]
by amica_c | 2006-03-27 17:57 | Health

コクシ終了!

b0025926_22193572.jpg本日はまた病院へ。全員の検便をし、コクシジウム騒動の終了を確認しました。延期していたジュリのジスのワクチン接種と、アルのワクチン接種もすませました。コクシの薬はまだ数日分残っているので、なくなるまであげることに。この薬が大好きだったバティとアル、残念だけどこれで終わりだよ〜(笑)。

お迎え症候群の下痢は、バティとロビーのみまだ薬を続けていますが、そろそろバティは終わりでもよさそう。ロビーはもう少し様子を見ます。一旦下痢になってすぐに元に戻ったはずのニコラテが揃って一昨日から下痢になりました(^^;)。早速クロマイを飲ませたのですが、昨日からめちゃくちゃ抵抗するようになりました。薬の味が変質して変わったのかと思いましたが、ロビーバティは相変わらずこの薬もゴクゴクおいしそうに飲みます。お医者さんの説明では、胃腸が不調で気持ちが悪かったのではないか?ということでした。食欲もないのですが、おやつだけはほしがります。おやつもフードなのでいいんですけど…(-_-)。とりあえず好物のガラスープにどっさり乳酸菌を入れて与えることにします。

アルは誰よりももりもり食べて、ようやく900g代に戻りました。この調子で1キロを軽く越えてほしいものです。餌皿の前にどっかり腰を下ろしてむさぼり食べる様子は、「減った分取り戻すぞ〜〜〜」って言ってるみたいです。冬に向かってムクムク白フェレにな〜れ!
[PR]
by amica_c | 2005-10-29 22:33 | Health

いろいろゾロゾロと!

b0025926_13532687.jpgさてさて、病院に行きました。連れていったのは総勢5名。内1名は付き添い(笑)。バティなんですが、ジュリの精神安定剤役で連れて行きました。今日は最初からジュリのジステンパーワクチン接種で行く予定でしたが、急遽ニューカマーのアルが参加。ついでにちょっと気になることがあるニコラテも連れて行くことに。来月の3歳検診の時にしようと思ってましたが、ついでだし。


まずはラテ。
ラテはこの頃しっぽの先が禿げてきました。私が見たところ、しっぽに集中的に生えている黒い毛だけが抜けているような気がします。しっぽ禿げと言えば、フェレなら真っ先に副腎腫瘍の疑いが持たれますが、しっぽの先だけだし、副腎禿げは副腎が作り出すホルモンのメラトニンの量がおかしくなって体内時計が狂い、季節外の毛替わりが始まり、それの脱毛で禿げるのです。しかも本当なら次の毛が生えるはずが、生えないので禿げるのです。ラテはメラトニンの量はうちの誰よりも正確だと思います。夏は痩せ、冬は太るという代謝はきちんとなされてますから。
触診とエコーの結果、副腎の可能性は非常に低いということでした。禿げの範囲がもっと広がるようなら、改めて診てもらうことになりました。

次はニコ。
この頃ニコの目が白いような気がしてました。でも目に何かが映り込んでるだけなのかも…と思いつつ…。結果、ニコは白内障でした! まだ視力はあり、進行中のようです。先生の説明によると犬猫では老人性白内障がメインだけれど、フェレットは若くても白内障になる子が多いそうです。けれど、もともと視力に頼らず生活するフェレットは白内障でも不自由なく、特に治療はしなくてもいいだろうということになりました。進行を遅らせる点眼薬もあるそうですが(内容は人間用と同じだそうです)、リスクを考えるとお勧めしないと言うことでしたので、治療しない方を選択しました。
写真はフラッシュを焚いてとっているので白内障の目が映ってるわけではないですが、光彩がこんな感じで白っぽく(実際はもうちょっと白い部分が少ないです)なってます。手招きすれば寄ってくるし、今はまだ視力があります。

次はジュリ。
ジュリは血液検査をお願いし、その結果でジステンパーのワクチン接種をすることにしました。血液検査は正常値でクリア、でも…続きはアルの項目で。その他検温、触診、耳ダニチェックはすべてクリア。健康体でした。

次はアル。
事情を説明し、年齢を推定してもらいました。歯石の付き具合や歯の色から、2〜3歳。4歳以上ということはないだろうという見立てでした。なのでアルは3歳に決定します(笑)。触診の結果…何かあるみたいです。エコーで診たところ、胃の出口(幽門)のリンパ腺が腫れていました。リンパ腫瘍ではなく、おそらく胃炎のせいで腫れているのだろうということでした。捨てられていた状況(水なしで放置されていた)が原因らしいです。多分自然治癒するだろうけれど、後日再診となりました。耳ダニは保護先でフロントラインを点薬してもらっていたので今は見つからないから、これも後日再診して、その時見つからなければクリアということになりました。そして検便。朝一のうんちがゆるかったので、それを持参しました。すると…コクシジウムがいました! うようよといるのを見ました(^^;)。

ということで、アルと合流していたジュリとバティはコクシジウムの薬を飲むことに決定。コクシの薬を飲むのでジュリのワクチン接種は退治後に延期。アルのワクチンもその時に。それと、ジュリロビーバティアルの分の今月来月のフィラリアの薬を出していただきました(ニコラテは違う病院で出してもらっています)。

いっぺんに細々あったので、ここで整理。
10〜14日後にアルのリンパ腺と耳ダニの再診。
3週間後にアルのコクシジウムの再診。結果によってはその時にジュリとアルのワクチン接種。
ラテの禿げは経過を見守る。生えてきたらなんとないけれど、もっと禿げるようならば再診。

家に帰ってジュリバティアル部屋の消毒、キャリーの消毒などしました。本当ならアルだけ隔離した方がいいようですが、どうせ薬はジュリもバティも飲むのだから、このまま一緒にしておきます。下痢がひどくなるようなら隔離。ニコラテロビーはアルとは接触してないので、放牧場所が同じでも外トイレにさえ気をつけて、頻繁に掃除をしておけばいいようです。もしこちら3名で誰かが下痢をしたらすぐに薬を飲ませるということになりました。

そうそう、アルの誕生日はお迎えした日、つまり昨日にしました。今後アルは2002年10月8日を生年月日にします。ジュリより1ヶ月弱年下、ニコラテより1ヶ月ちょっと年上ということに。
[PR]
by amica_c | 2005-10-09 14:41 | Health


我が家のフェレットのニコ、ラテ、ジュリ、ロビー、バティ、アルの6匹の日々の日記です。mixiの日記のフェレット記事を共有中。


by amica_c

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
Profile
Life
Play
Movie
Event
Food
Health
Weight

以前の記事

2012年 04月
2011年 11月
2011年 09月
2010年 12月
2010年 11月
more...

フォロー中のブログ

Life with Fe...
愛のクリーム煮
kirakira星
いたち猫的日常風景
hairy kids
鼻毛鼬のお花畑
いたちたちの徒然日記
えいちぃーずのずっこけ徒然日記
ねこのきもち
思う壺Bar withフ...

本サイトとリンク

最新のトラックバック

カーペット
from ブログで情報収集!Blog-..
タウリン 効果
from タウリン 効果
やっと新調~
from いたち猫的日常風景
大地、カエル・デビュー(..
from いたち猫的日常風景
ケモノなのに共同便所を作..
from 町人思案橋 (時事と常識戯問..
甘えん坊症候群
from ..
調味料バトン♪(遅っ;;
from えいちぃーずのずっこけ徒然日記
似てる? ・・・おバカさ..
from いたち猫的日常風景
思い出作り。
from ..
[memo]調味料バトン
from るるむく日記

タグ

(45)
(44)
(40)
(34)
(29)
(29)
(17)
(15)
(15)
(14)
(12)
(11)
(9)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)

ライフログ


フェレットの医・食・住 改訂版


犬と猫のための手作り食―ペットの健康のための賢い選択


いたずらフェレットは容疑者 [ペット探偵2] (ランダムハウス講談社 シ 2-2 ペット探偵 2)


マラソン2年生


よつばと! 10 (電撃コミックス)


とりぱん(10) (ワイドKCモーニング)


劇場版トライガン「TRIGUN Badlands Rumble」(DVD通常版) [DVD]


MICHAEL

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧