タグ:ロビー ( 40 ) タグの人気記事

バイバイ、ロビー

今朝未明、ロビーが逝きました。享年7歳半。心不全でした。

詳しいことはまた後日に。まずはご報告まで。
[PR]
by amica_c | 2011-11-19 20:44 | Health

ロビーの拡張性心筋症(1年分まとめ)

ずっと健康で、以前バティがうちに来た時、『お迎え症候群』で下痢・嘔吐で一晩入院した程度だったロビー。昨年秋、発情期が終わったにも関わらず、睾丸の片方が大きいまま元に戻らないということがあり、精巣腫瘍を疑って病院へ。それは杞憂で、単なるホルモンバランスの乱れでしょう、ってことで落着。(1年後の今も大きいままですが。)
b0025926_14193581.jpg


<2010年11月>
ニコが逝って半月後、ニコで覚えた「いやーな咳」をロビーがし始めました。案の定拡張性心筋症の疑い。心雑音があり、心臓が大きくなっていました。が、その後様子を見るも、咳は治まり、それ以上心臓が大きくなることもなかったので、更に様子を見ることに。隔月でレントゲンを撮り、聴診をすることになりました。

<2011年4月>
年が開け、定期検診でも異常がない月が続いてました。が、2011年4月2日(土)ぐらいから、また例の咳。今度は呼吸が変だし、うんちの量が極端に少なくなりました。これはロビーが数年胃の中で育ててる毛玉が詰まって腸閉塞になったかも!? と、4月4日(月)に病院へ。レントゲンを撮ったら胸が真っ白。心臓の周りに水が溜まってました。いわゆる胸水。ただちに穿刺吸引…ガス麻酔で眠らせて、胸に針を刺し、エコーでモニターしながらシリンジで水を抜く…を。120ccぐらい抜けました。前日夜の体重が1330gで、処置後の体重が1200gだったので、水の分だけ軽くなりました。水と言っても透明ではなく、血とリンパ液が混じったピンク色っぽいものでした。

この日から投薬開始。胸水は全部抜けたわけではなかったので、利尿剤(ラシックス)と血管拡張剤(エナカルド)。この2種はニコも飲んでいたもの。ただし、拡張剤はニコの2倍。朝晩2回与えることに。ニコはこれに肝臓の薬があったけど、ロビーはなし。

1週間後の11日、利尿剤の効果があって、心臓周りはきれいなもの。利尿剤は腎臓に負担を与えるので、徐々に減らす予定。拡張剤は生涯飲むことになります。

<2011年5月>
1ヶ月後の5月9日。レントゲンに変化なし。いい状態をキープできてる模様。そうそう、5日に7歳になりました。

が、その2週間後ぐらいから、また呼吸が粗くなり、23日に臨時通院。またも胸水が溜まっていて、吸引。120cc抜けました。今までの量のラシックスで間に合わなくなってきたので、量を増やし、更に別の種類の利尿剤(アルダクトン)と強心剤(ベトメディン)が追加されました。ネットで調べてみると、アルダクトンはあまり利尿効果はなく、増やしたラシックスの副作用のカリウム低下を防止するためのものらしいです。

これでロビーは朝晩それぞれ、血管拡張剤1錠、利尿剤2種、強心剤1種の計4種を飲むことに。今まで闘病したどのフェレよりも薬の量が多い…。リンパ腫だったラテでさえ、毎日飲むのは2種類だけだったし。

<2011年6月>
6月4日の通院では多少胸水はあるけれど、いい状態をキープできてました。だけれど、2週間ちょっとで再び呼吸が粗くなり、丸まって寝られない状態に。6月20日の吸引で150ccの胸水。体重1350g→1200gに。いったん減らし始めたラシックスだったけれど、腎臓を悪くする前に胸水でやばいことになりそうなので、元の量に戻すことに。

更に、ロビーの血縁で同じ病気のフェレの飼い主さんから教えてもらった漢方薬を試すことに。それの許可ももらいました。同じ病院に通ってるので話が早くて助かりました。ロビーの血縁フェレは心筋症(心不全)が多いです。体質とか似てると同じ病気になりやすいそうです。ロビーと他の血縁フェレとの共通のフェレはロビーの母方のおばあちゃんのアラルちゃん(アメリカ生まれのドイツフェレ)だな…。

ということで6月22日から朝晩の投薬と一緒に麦味参顆粒を与えることにしました。最初は適量がわからなくて少なすぎたらしく、変化なしだったけれど、その後量を調整してなんとなくいい状態になった気がします。この漢方薬は元々人間用で、心臓強化の効果があり、全身状態にも効果があることから「飲む点滴」とも言われてるもの。叔母さんフェレは、重篤な状態になった時、与える量をガツンと増やし、それで危機から逃れられたということがあったそうです。腹水が溜まりやすくなっていた従兄弟フェレにも勧めたところ、かなりいい状態になれたそうです。が、両フェレともこの夏、相次いで亡くなりました。8歳でした。

<2011年7月8月>
7月7日の通院では吸引なし。8月5日の通院では多少胸水はあったけれど、吸引はなし。

<2011年8月>
しかし、少し安心したのもつかの間、8月中旬から状態が悪くなり、19日に臨時通院。体重減少、呼吸粗い、まっすぐ寝る、が、よく寝れない、あまり食べない…という状態。胸水吸引170cc。抜いたあとの体重1050g。ラシックスは限界ギリギリの量(体重から換算)に増えました。抜いたあとはすっきりした様子で、帰りのキャリーで丸くなって眠り、帰ってからもひたすら眠り、夜に起きてきてガツガツ食べ、1週間ぐらい食べなかったドライフードも食べました。翌日からいつもより増量のウエットフード、ドライフードをぺろりと平らげ、食べる以外はガーガー寝て、なんと1週間で体重1280gまで増やしました。元通り。その後、食べる量は通常に戻り、起きてる時間も増え、少し遊んだりすることも。

<2011年9月>
これでしばらくは安心って思っていましたが、2週間後の9月5日、またまっすぐ寝が始まり、そろそろ病院へって思っていたら、ごはんを食べなくなったので慌てて。吸引170cc。かかりつけ曰く、ロビーの胸水の限界値が170ccだろうということ。肋骨が真横に広がり、パンパンになるぐらい胸をいっぱいにしてました。ラシックスの1回の量は変えずに、1日3回与えることになりました。水が溜まってしまったあとは薬で水を抜くのは難しくなったので、まめに薬を与えて水が溜まらないようにするために。

今のところ、穿刺吸引の回数と水の量。
1回目 4月4日  120cc
2回目 5月23日 120cc
3回目 6月20日 150cc
4回目 8月19日 170cc
5回目 9月5日 170cc
b0025926_14532395.jpg

写真は今年4月のもの。心疾患のため安静を保つため、散歩はもちろん、入浴も禁止になったロビー。最後の「散歩」として抱っこバッグに入れて、散歩コースを一回り。途中ちょっと降ろして地面の匂いを嗅いでもらいました。散歩大好きだったロビーが懐かしいです。
[PR]
by amica_c | 2011-09-06 14:06 | Health

2009年フェレット病院おさめ

b0025926_162174.jpg

本日ロビー君をジステンパーワクチン接種に病院に連れて行き、無事に今年の病院通いが終了。

ロビーは本当は先月に注射のはずが、他のフェレの通院に忙しくて、後回しにしてました。体重が減り、脱毛が続いて、多少心配でしたが、両方とも発情中だからでしょうってことでした。去年の今頃の体重も今と同じような1.25キロ。春が1.4キロなのでこれは発情痩せですね。脱毛もこれだけ男性ホルモンが活発なら(タマタマは大きいまま)当然ですと言われました。杞憂でよかった。

が、しかし、春に「胃の中の毛球がなくなってる」って言われて喜びましたが、その毛球を再発見。移動してただけみたいです。大きさといい形といい、下から出る可能性は低いけれど、5歳という年齢と今のところ何の影響もないということを考えると、無理に外科手術でとる必要はないとのことでした。まあ、様子見かな?

我が家で唯一大きな病気をしてないロビー。このまま普通に年をとっていってほしいです。

b0025926_16211748.jpg

今週始めはジュリの通院でした。TP値はやや下がってました。病院の機械で計れる10.4g/dlでした。このままステロイドのみで様子見です。この頃調子がいいらしく、「食う寝る出す」以外の「遊ぶ」をするようになり、一時期黒っぽくて脂っぽい軟便をしていたのが、普通便をする回数が増え、起きてる時間もちょっと増えました。700g前半だった体重も、じわじわ増え、800gを越えました。ただし、ドライフードをまったく食べなくなりました。手作り食と猫缶+免サポのごはんを交互に食べてます。

その日は待合室でフェレ友さんとばったり。ロビーの親戚君がおかしな咳をしていたので、心臓病ではないかと来院したそうです。が、結果まったくの健康体だったそうです。よかった。その時に、脱水症状の場合はロイカナの電解質サポートより、大塚製薬のOS-1(経口補水液)の方がフェレットは喜んで飲むことを教えていただきました。ジュリのために常備することにします。

OS-1と家で作れる補水液

来年は1月中旬ぐらいにニコ、下旬にジュリが通院予定。両者とも安定してるので今のところは安心です。
[PR]
by amica_c | 2009-12-26 23:13 | Health

フェレットの供血

b0025926_15394117.jpg

先週末、緊急で献血してくれるフェレットを探しているという記事が某フェレショップの掲示板にあり、そのフェレの病院がうちのフェレも何度か世話になっている緊急で駆け込む近場の病院であり、また母親の飼っているポメラニアンのかかりつけでもあり、場所も近いってことで協力しました。

ただし、うちのフェレは年寄りばかり。協力できそうなのは、2月に右副腎を取ったバティ(4歳)と只今絶賛発情中のロビー(5歳)だけです。以前、ニコがまだ2歳の時に供血したことがありました。若くてむちむちのオスフェレでしたので、ちょっと無理して、2ヶ月後に2回目の供血しましたっけ。

ということで自分メモ。
供血可能なフェレットは、
・健康状態がいいこと。
・年齢は1歳以上5歳以下。2〜3歳が最も適している。
・体重は1キロ以上。できれば1.2キロ以上。
・アルビノフェレット、アンゴラフェレットはクロスマッチ試験で適合しない場合があるので避ける(輸血対象フェレがそれぞれアルビノ、アンゴラの場合はこの限りではない)。
・供血の間隔は3ヶ月以上開けるのが望ましい。

採血量は10cc程度。ガス麻酔を施し、胸の血管から採取。20〜30分ぐらいかかる。輸血は2〜3時間かけてするそうです。

連絡を取って、30分後には病院に着いてました。体格からなのか担当医さんは2匹の内、バティをチョイス。血液検査の結果を見たあと、最初遠慮して無麻酔で採血しようとしましたが、バティは大暴れ(笑)。なので麻酔を使って下さいと申し出て無事に採血。バティは片副腎なので、ストレスには弱いけれど、10ccぐらい供血するのに支障はまったくないそうです(うちのかかりつけ医談)。

輸血したフェレさんが少しでも楽になりますように。
[PR]
by amica_c | 2009-06-17 23:36 | Health

4月のニコの定期検査

b0025926_14561232.jpg

今月上旬に血糖値、肝臓の数値が悪かったので、ニコの再検査に行ってきました。

前回の血糖値:54mg、GPT:515IU、PCV:36.6%
今回の血糖値:61mg、GPT:516IU、PCV:41.9%

PCV(HCT)はヘマトクリットで、フェレの基準値内に戻ったので、貧血疑惑は解消。血糖値はやや上昇でも低いまま、GPT(肝臓の酵素の数値)は変わらず。
それでも低血糖症の症状は出ていないのでステロイドの処方はまだせず、様子見となり、GPTは下がりもせず上がりもせずなので、方針を建てられないってことで、これもまた様子見となりました。

先週、後ろ足の付け根にできていた肥満細胞腫は、前回と同じく3日で消えてしまったので、悪いものではないという診断でした。

一緒にロビーも連れて行きました。こちらはフィラリアの薬をもらうために。ひとついいことがありました。去年の今頃、お腹の中に毛球ができていて、いずれ手術で取らないならないだろうって診断でしたが、毛球がなくなってました! 去年の秋のジステンパーワクチン接種の時の健康診断でも触診で毛球を見つけられなかったけど、移動してるんでしょうってことでしたが、今回も見つけられないってことは、うんちと一緒に出た可能性が高いようです。ロビーは以前にも凄く大きくてカチカチになった毛球を出したことがあるので、多分出たのでしょう。実はそれを期待してました(笑)。

お腹の中の毛球を大きくしないように、毛球発覚後からは毛替わりの時期は猫用ノミ取りクシで抜け毛取りが習慣になってました。ロビーは濡れると毛がちりちりラーメン状になる毛質で、毛球になりやすいみたいです。年をとって腸の動きが鈍くなったら出せなくなるかもしれないので、ブラッシングとごはんにパパイヤなどのたんぱく質分解酵素を添加するのは、今後も続けます。

ジュリに続いてニコも毎月通院になりました。アルは隔月。同じキャリーで運べればいいんですが、ニコとジュリはどうかなー? 若い頃は結構仲良かったけど。
[PR]
by amica_c | 2009-04-27 21:01 | Health

名残の桜

裏山の公園の桜を見てなかったので、慌てて行きました。

b0025926_1450249.jpg

桜の花びらだまりに匂い付けをするロビー(笑)。

b0025926_14501491.jpg

公園の桜並木をバックに。

b0025926_14503471.jpg

公演側の3年前に無人だった閉店した小料理屋が火事になり、その後放置されたままになってる建物。帰りに丁度その廃屋から夕日が見えたので。
[PR]
by amica_c | 2009-04-10 19:58 | Life

春のフェレOFF

b0025926_13353894.jpg

昨日は恒例の春のフェレットオフ会でした。いつものバーベキュー。

さすがに毎回丸鶏のローストではおもしろくないので、今回は豚のスペアリブのローストにしました。写真撮り忘れ(T T)。市場のお肉屋さんで大きいままのリブを切ってもらったので、スーパーのスペアリブより長くて立派なものを、塩こしょうニンニク醤油酒とジャムを混ぜた物に一晩つけて、1時間ぐらい蒸し焼きにしたもの。ギャートルズの肉っぽくかぶりついて食べるワイルドなものができあがりました。スペアリブは長過ぎてうちのダッヂオーブンでぎりぎりの長さ。ダッヂ料理の先輩の大きなダッヂも使わせてもらいました。大人と子供合計30人弱分で28本だったのですごい量でした。

b0025926_1339497.jpg

その他、ダッジ料理は石焼き芋(サツマイモとジャガイモ)、あとは鍋物、焼き肉、焼き鳥、土鍋で炊いたごはん、鉄板で焼いたホットケーキ、イカ焼き(ヌタが最高でした)などなど、私が食べはぐれたものもたくさんありました。

b0025926_13391715.jpg

うちは復活のバティと発情中のロビーを連れて行きました。バティは副腎ハゲから回復途中でスポーツ刈り状態(笑)。ロビーは兄弟の松ちゃんと久々の対面。以前は松ちゃんにやられて悲鳴をあげていたのに、昨日のロビーは強かった。ロビーの他にノーマル(♂)が3匹いて、匂いに気づくと凄い勢いで挑戦しに行きました。引き離すのが大変でした(^ ^;)。鳴かせちゃった子達、ごめんね。へたれなお坊ちゃんだと思っていたロビーが強気だったのでびっくりしました。他にも若いフェレット、きれいなフェレット、かわいらしいフェレットがたくさんで、お腹も目も大満足な1日でした。ちょうどお花見ピーク日で、駐車場が混雑してたので大変でしたが。
[PR]
by amica_c | 2009-04-06 14:32 | Event

フェレオフBBQ

日曜日は恒例のフェレオフでBBQでした。あいにくの天候でしたが、大きな木の下にスペースをとり、タープも広げて雨を凌ぎ、多いに食べて飲んで、いろんな人に会い、おしゃべりして楽しみました。

うちはダッチオーブンで丸鶏のチキンローストに挑戦。市場で買った鶏が大きすぎて、蓋が閉まらないかも!?と前夜に鍋に入れてテストしたり(笑)。ちゃんと蓋はしまりました。でも実はお腹に餅米を詰めようと思ってましたが、それは断念しました。ネットで見て、一番シンプルなレシピを選びました。前夜に丸鶏をきれいに洗って、水を拭き、塩こしょうをきつめにやって、お腹に数粒のにんにくとちょっぴりあった生パセリを入れ、乾燥ローズマリーを入れておいて、下ごしらえ終了。当日、丸鶏を炒めて焦げ目をつけ、鶏を取り出したあと、底にセロリを敷いて焦げ防止。そこに丸鶏を入れて30分ぐらい蒸し焼き。更にじゃがいもと人参を回りに入れて、1時間ぐらいローストしました。

できあがりはローズマリーとセロリの匂いが効いた仕上がりになりました。まずまずのできでした。じゃがいももほくほくで絶品でした。

炭熾しに昔フリマでおもしろがって買ったふいごが大活躍。もっと早く使えばよかった。うちわより全然楽でした。

この他に先輩ダッチャーさんがダッチオーブンでピザを焼いてくれました。底はパリパリ、上はふかふかの生地でおいしかった! 前日4時間スモークしたベーコンを持参しましたが、それも乗せてもらっておいしかったです。

その他、炊きたてご飯(一部は自家製新米のこしひかり!)、焼き芋、お肉各種のバーベキュー、サザエのつぼ焼き、ホウトウ、新潟の日本酒、自作のパウンドケーキ(中身は梅の砂糖漬け)などなど、食べきれない量の食べ物、飲み物でした。おいしかった!

そしてフェレットたち。普通の北米産フェレット、ニュージーフェレット、アンゴラフェレット、ノーマルフェレットたちがわらわら。うちのノーマルのロビーも今は発情が終わり、他の子たちと混じっても大丈夫な状態で、平和でした。ただし、女の子のノーマルさんが複数いましたが、万が一の事故があってはいけないので、お嬢さんたちには近づけませんでした(笑)。

楽しかったけど、疲れました。昨日帰宅後と今日は疲労と片付けでだらだら過ごしました(^ ^;)。

b0025926_1215557.jpg

写真は参加フェレの一部。中央のフェレちゃんのお尻の匂いを嗅いでるのは、我が家のバティとロビーです(^ ^;)。

b0025926_1221335.jpg

こちらは今や有名になったたわしフェレ(フェレの本にも載りました)。お米提供者さんが持参してくれました。
[PR]
by amica_c | 2008-11-18 01:16 | Event

花男子

b0025926_442237.jpgほぼ毎日ロビーの散歩で行っている公園のユキヤナギが満開でした。春になったと思ったら寒い日々で、花もびっくりしてることでしょう。


b0025926_4422474.jpgユキヤナギに埋もれるロビー。が、花の間に持ち上げられて不満顔(^^;)。この頃ロビーは水飲み用の休憩タイムでこのペンチに座ると、飲み終わった後のんびりうたた寝をしてしまいます。すっかり自分ち扱いです(笑)。

[PR]
by amica_c | 2007-03-17 04:47 | Life

早春の散歩

本日は暖かくて、部屋の中は23度まで上がり、外も20度ぐらいありました。でも木陰は涼しく、まるで5月の連休辺りの陽気でした。ってことで、今日もいつもの公園へ。メンバーはロビー、バティ、ニコの若者と年寄りの3匹。

b0025926_21363274.jpgのんびりのたのたのニコが木のウロを発見。白内障で目があまりよく見えないのに、こういうのは発見します(笑)。

ところでニコは前回の毛替わりが終わったらしっぽが黄色くなってしまいました。全体に黒い毛がなくなり(白髪になった?)、今まで隠れていた黄色い毛がむき出しに?(笑)


b0025926_21365499.jpgで、もちろん速攻もぐります。ニコにジャストサイズの穴だったので、引っ張り出すのに一苦労(笑)。


b0025926_21371069.jpg暖かい陽気に誘われ、バティは公園内の里山の水田(休田中)脇の用水路にジャバジャバ入り込みました。お風呂は大っ嫌いだけど水遊びは大好きです。お陰で本人もハーネスもリードも泥だらけ。よって帰宅後速攻シャンプーの刑(笑)。


ロビーは母と山を走り回っていたので写真はなしです。毎日1時間、運動不足とストレス解消を兼ねて、母のトレーニングに付き合ってるロビー。お陰で母は体力をもりもり取り返し、先日仲間と一緒に行った日帰りトレッキングで、ただひとり平気な顔をして山歩きができたそうです。私は週に2回ぐらい、母が行く最寄りの公園とは別の、もう少し一回りするのに時間がかかる公園にロビーと行ってます。私も体力がついてきました。暑くなるまでの間、人間のトレーニングにもう少し付き合ってもらいます。
[PR]
by amica_c | 2007-03-04 21:47 | Life


我が家のフェレットのニコ、ラテ、ジュリ、ロビー、バティ、アルの6匹の日々の日記です。mixiの日記のフェレット記事を共有中。


by amica_c

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
Profile
Life
Play
Movie
Event
Food
Health
Weight

以前の記事

2012年 04月
2011年 11月
2011年 09月
2010年 12月
2010年 11月
more...

フォロー中のブログ

Life with Fe...
愛のクリーム煮
kirakira星
いたち猫的日常風景
hairy kids
鼻毛鼬のお花畑
いたちたちの徒然日記
えいちぃーずのずっこけ徒然日記
ねこのきもち
思う壺Bar withフ...

本サイトとリンク

最新のトラックバック

カーペット
from ブログで情報収集!Blog-..
タウリン 効果
from タウリン 効果
やっと新調~
from いたち猫的日常風景
大地、カエル・デビュー(..
from いたち猫的日常風景
ケモノなのに共同便所を作..
from 町人思案橋 (時事と常識戯問..
甘えん坊症候群
from ..
調味料バトン♪(遅っ;;
from えいちぃーずのずっこけ徒然日記
似てる? ・・・おバカさ..
from いたち猫的日常風景
思い出作り。
from ..
[memo]調味料バトン
from るるむく日記

タグ

(45)
(44)
(40)
(34)
(29)
(29)
(17)
(15)
(15)
(14)
(12)
(11)
(9)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)

ライフログ


フェレットの医・食・住 改訂版


犬と猫のための手作り食―ペットの健康のための賢い選択


いたずらフェレットは容疑者 [ペット探偵2] (ランダムハウス講談社 シ 2-2 ペット探偵 2)


マラソン2年生


よつばと! 10 (電撃コミックス)


とりぱん(10) (ワイドKCモーニング)


劇場版トライガン「TRIGUN Badlands Rumble」(DVD通常版) [DVD]


MICHAEL

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧