タグ:ジュリ ( 29 ) タグの人気記事

バイバイ、ジュリ

b0025926_13282366.jpg

本日、日付が変わった頃、ジュリは逝きました。享年8歳3ヶ月。インスリノーマと腎疾患の治療中でしたが、直接の死因は細菌による感染症のようです。

2週間前から後ろ足が完全に動かなくなり、下半身を引きずりながら移動するようになりました。うんちは超適当。寝袋の上だろうが、ところかまわずし、更に動かない後ろ足でその上をずってしまう悲惨な状態に。でも食欲はあり、いつもと同じ量のご飯を食べてました。ただし、ドライを噛み砕く力が減った来たようなので、朝晩手作りご飯や缶詰ご飯のウェットフードになりました。

後ろ足を引きずることで、太ももの内側部分が地面でこすれ、真っ赤っかになってしまいました。褥瘡です。いわゆる床ずれ。ひどい部分は血がにじみ、化膿してしまいました。ネットで調べて傷口を乾かさないウェット療法というのがあるのを知りました。傷部分をサランラップで巻いて、テープで留め、1日数回傷口を洗い、消毒はしないというやり方です。皮膚の表面の常在菌に治療を任せるやり方だそうです。それをやりつつ、週末に病院に連れて行きました。

血糖値はステロイドが切れてる時間帯で40代。床ずれ部分はこのやり方でかまわないけど、弱い消毒薬を使うのはオッケー。そして体重が激減。550gでした。更に血液検査で腎臓関係の数字が異常値で、血管拡張剤を飲ませることになりました。猫の腎臓病に使う薬だそうです。

その後は太らせる為にウェットフードに免疫サポートを追加。相変わらず食欲はあり、食べたあとの放牧では大好きなササミジャーキーも食べます。大きなのは噛み切れないので、細く小さく裂いて与えます。ただ、ジャーキー食べ場にしてる、部屋の一番隅のペットベッドまで移動できなくなったので、その手前の潜り袋で食べ、食べ終わると寝るようになりました。床ずれはすっかりきれいに治りました。

急変したのは先週の火曜日。月曜日の夜からご飯を残すようになったなって思いつつ、出勤前に朝ご飯をあげようとしたら、ジュリの顔の右側がぱんぱんに腫れ上がってました。薬を飲ませるため、シリンジを口に入れようとしても口がうまく開かない模様。これではご飯も食べられない。ということで、夕方帰宅後病院に連れて行きました。診断はリンパ腫とかではなく、細菌が入り込んで感染し化膿してるのだろうということでした。ということで即効性のある抗生剤(バイトリル)と持続性のある抗生剤の2種類の注射をしてもらいました。経口薬は腎臓が悪いので避けました。

薬は予告通り次の日には効き随分と腫れが引き、木曜日にはほとんど通常に戻りました。が、金曜日の朝、再び大きくなってきました。今度は喉の辺も腫れてます。ご飯は強制的に与えないと食べなくなりました。水も経口補液もシリンジで与えればごくごく飲みますが、自分で飲もうとはしません。ずっと固形物を食べてないせいか、うんちが出る日もあれば出ない日も。ほとんど動かなくなり、このまま逝かせるか、病院に行くか大いに悩みました。ニコの時みたいに病院にできることはもうありませんって言われそうだし。

b0025926_13283978.jpg


18日の土曜日、夕方病院に行きました。ジュリの腫れ具合を見て、今回は前回のような硬い腫れではなく、柔らかい腫れなのでこれは膿が溜まった状態。だから抜きましょうってことになりました。処置室で随分時間をかけて膿を出してもらいました。右頬も喉のでっぱりもすっかりなくなって戻ってきました。喉の膿も頬に繋がっていて、頬に穴を開けただけで全部出すことができたそうです。その場で前回効いたであろうバイトリルの注射をしてもらい(持続性のある方は効かなかったらしい)、更に経口で飲ませるため、シロップに溶いたバイトリルをもらいました。体重は前回より更に減って500g。

喉の膿がなくなって呼吸も楽になったように見えました。が、翌日はとうとう流動食を飲み込まなくなりました。水もちょっとだけしか飲みません。これはいよいよだなっと覚悟をしました。たまに出るうんちを拭き、ちょっと刺激を与えておしっこをさせ、床ずれができないよう、ニコの時に使ったジェルの保冷剤を敷き、体位を何度も変えました。再び顔と喉がふくれて来たので押すと、前日穴を開けた部分から膿が出ました。そっと押しながらたくさんの膿を出しました。

夜のうんちを拭いていたら、呼吸がどんどん荒くなり、時々ぴくぴくと引きつけを起こしてました。苦しいのかもしれませんが、意識はほとんどありません。ケージを布で覆って暗くして、なるべく静かにしました。深夜0時を回り、呼吸をしてるのかしてないのかよくわからなくなり、0時半過ぎ、心臓が止まってることを聴診器で確認。まだ体が暖かい内に抱っこして、寝ていた家族を起こしてお別れをしてもらいました。

結局最期は抵抗力が弱ったための細菌の感染症に勝てませんでした。左副腎切除の手術から3年。インスリノーマでステロイドを飲み始めて2年。ジュリは十分に頑張りました。

病院嫌いで病院に行く為ひとりでキャリーに入れるだけでガタガタに震えて、ひどい時には吐いてしまう臆病なジュリ。ニコラテが散歩を楽しんでいた時もただ震えるだけで歩こうとしなかったジュリ。売れ残りで生後11ヶ月まで狭いケージに入れられっぱなしだったジュリ。そのせいかお腹に毛球がたまりまくりで、足腰が弱かったジュリ。食いしん坊で初めての缶詰ご飯、初めての手作りご飯、初めての手羽先の丸ごとのおやつ…などなど新しい食べ物にどんどん挑戦してくれたジュリ。心優しく、自分よりあとから来たロビー、バティ、アルの面倒を良く見、慕われていたジュリ。でも大好きだったラテにはすごく嫌われていたジュリ。よそのうちのノーマル、我が家のノーマル(ニコ、ロビー)の発情期に大モテで追い回されて迷惑そうだったジュリ。

ニコラテと同じフードを食べていても、ひとりだけつぶつぶの未消化うんちをしてしまうので、私にフードの勉強をさせ、更に手作りご飯に手を出させたジュリ。

たくさんたくさんありがとう。バイバイ、またね。
b0025926_1330528.jpg

[PR]
by amica_c | 2010-12-20 13:24 | Health

ジュリ8歳

b0025926_23414437.jpg


よれよれのお婆さんフェレですが、ジュリは8歳の誕生日を迎えることができました。

ステロイドの投薬が始まってもうすぐ2年。ステロイドにはタンパク質を溶かすという作用もあるそうで、すっかり筋肉がなくなり、這うように歩き、後ろ足を真横に開いてストッパーにして、なんとかトイレで踏ん張ってます。それでもご飯は毎回ほぼ完食(多少食べる量は減りましたが)、おやつのジャーキーもくれくれとまとわりついてねだります。食欲だけは落ちないのが救いです。

全身の8割ぐらいの毛が抜けて、ハゲハゲ状態。副腎ハゲとは違って、春の毛替わりの時に抜けてるだけ抜けて、次の毛が生えてこない状態らしいです。上手く栄養を取り込めてないんでしょうね。目も白内障でほとんど見えてませんが、勘で動き回ってます。

時々コンビニ袋でじゃれたり、すれ違いざまにバティのお尻の匂いを嗅いだり、喰う寝る出す以外のこともちょこっとはします。

月に1回通院はしなくてはいけないけど、それ以外のジュリの嫌いなことはなるべく排除して、好きなことをたくさんできるよう、1日1日を大切に過ごしたいと思います。
[PR]
by amica_c | 2010-09-20 23:32 | Event

今月のニコとジュリ

先月の中旬、ニコが放牧中にたまに転ぶし、体重も100g近く減ってしまったので、これは…と思って病院に。案の定血糖値が下がってました。去年の秋ぐらいから少しずつ血糖値が下がって、この半年ぐらいは50台をキープしてましたが、とうとう40台に。ってことでステロイドの投薬開始です。まずは日に1回で様子を見ることに。

が、ステロイドを与えてもあまり状態が変わらない。やはり転びます。ってことで後日血液検査をしたところ、今度は30台に。もしかしたらプレドニゾロンが効かないタイプ? 濃度を2倍にして日に2回与えることで様子見になりました。帰宅後夜の放牧時にステロイドを与えたところ、目に見えて活発に。元気が戻ってきました。ところが、翌日の食事時間の投薬前、転びます。ステロイドが長時間効果がない? あるいは一気に血糖値があがって一気に下がるので発作が出やすい?

1週間後、再検査したところ、血糖値は90台でした。効果はありましたが、上がり過ぎです。ということで、1回に与える量を減らすことに。更に肝臓の数値も再び悪くなっていたので肝臓の薬も出されました。

これでニコは心筋症の薬を1日1錠、利尿剤を1日2回、ステロイドを1日2回、肝臓の薬を1日2回。薬漬けです…。まあ、それで今の状態をキープできるならいいかー。体重は微量ですが増加傾向にあります。増やすためと、血糖値を上げるために、私が仕事に行く前に猫缶を食間のおやつとして与えるようにしたためだと思います。

ジュリは相変わらずです。まだらハゲの状態ですが、食欲もあり、暖かくなってきたので、冬に比べて活発になってきました。が、ちょっと腎臓関係の血液の数値がよくないのでステロイドの量を増やすことになりました。副作用で多飲多食になるという話通り、もりもり食べて今は950g。若い頃の体重と同じですが、ぷよぷよしてます。あまり動かないのに食べてるから、仕方ないです。

病フェレにとって怖い冬が終わり、春になったので、少しは安定するかな?
[PR]
by amica_c | 2010-04-21 00:19 | Health

2010年フェレ病院はじめ

年末の同人原稿、イベント、年明けのイラストの仕事が終わったので、日記再開。

今年も早々からフェレットの病院通いです。

b0025926_3211727.jpg

まずはニコから。1月8日に薬が切れるので通院しました。ニコは毎日1個飲む薬があって、1ヶ月分だけもらってるので、きっちり30日毎に通ってます。ちょっと咳が出てたのでまた悪化したかと思って心配してましたが、心臓の状態は先月からまたちょっとよくなってました。心臓の回りに白いポツポツがレントゲンで映ってましたが、それは腫瘍などではなく(小さすぎる)、カルシウムの小さい塊で、年寄りフェレにはよくあることだと説明されました。

b0025926_3214192.jpg次にジュリ。1月18日に通院しました。ジュリは月末に行く予定でしたが、足の裏に血腫ができて、緊急で行きました。実はこの血腫ができたのは二度目。去年の日記に書くのを忘れてました。足の裏の指の間にできものができて、そこから血が出てその血が固まった血腫でした。その時、その場で切開切除してもらい、接着剤で傷を留めてもらってました。その接着剤がとれて、同じ場所から出血したのでした。傷口がパンパンに腫れてました。が、病院に着いて診察待ちの間に様子を見たら、気持ち悪そうに口をくちゃくちゃして、よだれを出してたので口回りを拭いたら、ウエットティッシュに色がつく…血?って思って、体を調べてみたら、お腹に足の裏にくっついていた血の塊が落ちてました。自分でとってしまったみたい。

診察してもらい、接着剤だとまた同じことになる。でも縫うには麻酔が必要だけど、今の状態で麻酔はなるべく使いたくない。なので、敢えて傷は閉じずにそのままにしましょうってことになりました。切開したら根っこみたいな部分があったので、それをとり、血管の切れ端をレーザーで焼いたそうです。あとは自宅で傷口を日に数回洗い流し、消毒することで対処。

くちゃくちゃしていたけど、血糖値は下がってませんでした。なので発作ではなく、例の病院嫌いのせいで気分が悪くなったという状態だったようです。腎臓の数値はまた改善されてました。まだ異常値なのでもう少しがんばれ。体重は増えていた。月末にもらう予定だったステロイドももらいました。

来月はバティのホルモン抑制剤の追加打ちの月。それまで病院には行かなくてもよさそう。
[PR]
by amica_c | 2010-01-20 02:02 | Health

2009年フェレット病院おさめ

b0025926_162174.jpg

本日ロビー君をジステンパーワクチン接種に病院に連れて行き、無事に今年の病院通いが終了。

ロビーは本当は先月に注射のはずが、他のフェレの通院に忙しくて、後回しにしてました。体重が減り、脱毛が続いて、多少心配でしたが、両方とも発情中だからでしょうってことでした。去年の今頃の体重も今と同じような1.25キロ。春が1.4キロなのでこれは発情痩せですね。脱毛もこれだけ男性ホルモンが活発なら(タマタマは大きいまま)当然ですと言われました。杞憂でよかった。

が、しかし、春に「胃の中の毛球がなくなってる」って言われて喜びましたが、その毛球を再発見。移動してただけみたいです。大きさといい形といい、下から出る可能性は低いけれど、5歳という年齢と今のところ何の影響もないということを考えると、無理に外科手術でとる必要はないとのことでした。まあ、様子見かな?

我が家で唯一大きな病気をしてないロビー。このまま普通に年をとっていってほしいです。

b0025926_16211748.jpg

今週始めはジュリの通院でした。TP値はやや下がってました。病院の機械で計れる10.4g/dlでした。このままステロイドのみで様子見です。この頃調子がいいらしく、「食う寝る出す」以外の「遊ぶ」をするようになり、一時期黒っぽくて脂っぽい軟便をしていたのが、普通便をする回数が増え、起きてる時間もちょっと増えました。700g前半だった体重も、じわじわ増え、800gを越えました。ただし、ドライフードをまったく食べなくなりました。手作り食と猫缶+免サポのごはんを交互に食べてます。

その日は待合室でフェレ友さんとばったり。ロビーの親戚君がおかしな咳をしていたので、心臓病ではないかと来院したそうです。が、結果まったくの健康体だったそうです。よかった。その時に、脱水症状の場合はロイカナの電解質サポートより、大塚製薬のOS-1(経口補水液)の方がフェレットは喜んで飲むことを教えていただきました。ジュリのために常備することにします。

OS-1と家で作れる補水液

来年は1月中旬ぐらいにニコ、下旬にジュリが通院予定。両者とも安定してるので今のところは安心です。
[PR]
by amica_c | 2009-12-26 23:13 | Health

ニコとジュリのこの頃

春の検診時に血液検査をしたら、肝臓の数値が異常に高かったニコ。予定していたジステンパーのワクチン接種を中止して、肝臓の治療に専念してました。秋まで一進一退で、咳が出て気管支炎になったり、鼠径部が腫れて脱肛したりしました。が、今度は拡張性心筋症になってしまいました。その代わりなのか、肝臓は正常値にもどり、薬もいらなくなりました。

心筋症はしばらくは血管拡張剤を通常の1/2錠を毎日飲ませるだけだったのが、心臓の拡張が止まらず、今は1錠に。更に心臓や肺の周りに水分が出始めたので利尿剤を与えることになりました。その状態で今日の検診。レントゲンで心臓が小さくなったことを確認し、心臓周りのもやもやした白い部分の水分もなくなったのを確認しました。薬は変わらず2種を与え続けるけれど、今は咳も全く出ないし、安定しているのでよしとします。

先週、どうみても具合が悪そうだったジュリ。通院予定ではなかったけれど病院へ。血糖値が下がって具合が悪いのだと思ってたんですが、血糖値はそこそこ。脱水症状がありました。脱水は点滴で改善し、元気が回復しましたが、血液検査の結果がよくありませんでした。TP(総蛋白)の数字が 11g/dl。しかし11というのは病院の機械で計れる最高値。11以上である可能性が高い、ということで、アリューシャン症を視野に入れて、外部のラボに生検と便検査を依頼しました。

今日は血液検査の結果だけ出ていたので、その報告書だけもらいました。TPは12.6g/dlでした。アルブミン26.7%、α1 3.4%、α2 4.9%、β1 15.3%、β2-γ1 27.8%、γ2 21.9%という数値も異常値だそうです。ADV抗体値は3倍未満で陰性。他の感染症の疑いがあるそうです。

先週からジュリはフェレタワーの3階の個室に引っ越しました。ハンモックはつけず、床に潜り袋を置き、その下にペット用電気あんかを置いてます。食欲は変わらず、もりもり食べてます。眠りもバティに邪魔されずいい具合のようです。でも今週になってやや下痢気味。脱水状態が改善されてからは、シリンジによる投薬を嫌がらなくなりました。先週始めは嫌がって、薬が口に入ると同時にあぶくを出して、薬を押し出してました。

ジュリとしては居心地はいいらしいので、ADVでないとわかってもこのまま個室住まいを続行することにします。あんかが丁度よければ潜って寝てるし、暑ければ袋の上で寝てます。パネルヒーターよりも快適みたいです。
[PR]
by amica_c | 2009-12-08 15:55 | Health

10月のジュリの定期検査とバティの術後半年検査

昨日病院に行ってきました。月一通院は今はニコとジュリだけ。でも一緒のキャリーに入れられないので(ニコが好戦的)交互に。先週がニコで、今週がジュリとバティ、来週がニコで、再来週はロビー(ワクチン接種)。

先月の検査で血糖値が今イチだったのでステロイドを1.5倍に増量したジュリ。今月の数値も今イチでした。先月よりマシだったけど。薄毛が進行してたので、メラトニンを与える許可をもらいました。

バティは手術後の再発してないかの検査。2月上旬に手術をして、1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後に検査のはずが、8ヶ月後検査になってしまいました。が、案の定なんともなし。あとは来年2月のホルモン剤のカプセル追加まで通院する必要はないようです。カプセルは軽い麻酔をして、太い注射器で入れるそうです。前のカプセルはとらずに追加になるそうです。1年経って組織と癒着もしてるだろうから、結構大事の手術になってしまうので、リスクを考えると毎年カプセルが増える方を選択となるみたい。

先週のニコの拡張性心筋判明後、血管拡張剤のお陰で咳はまだたまに出ますが、かなりソフトな咳になりました。毎食にニコ用栄養剤の添加もしてます。ネットで犬猫の同じ病気の闘病記も見たりしました。で、心拍数を記録した方がいいようなので、聴診器を購入しようと思ってます。医療関係者の友人にも聞いてみました。担当医にも聞いてみました。医者としては情報量が増えるのは大歓迎だそうで、どういったものを購入したらいいか、アドバイスを受けました。家庭用の普及版でいいそうです。デュアルとかダブルとか呼ばれる、チェストピースが両面についてるものの、小さい方(ベル型というそうです)で聞くと聞きやすいとのこと。

うちにはおもちゃの聴診器があります。500円ぐらいだったかな? 先月、アルの死亡確認した時に使いました。でも安いおもちゃだから、つけてると耳が痛くなる…と思ってました。ネットで聴診器を物色していたら、「正しい聴診器のつけ方」というのがあって、その通りにしたら痛くなかった! 耳に入れる時の角度が大事だったんですね。

ついでに、バティをモデルにして脈の取り方も教わりました。後ろ足の付け根のところで、ぴくぴくとわかりやすかったです。
[PR]
by amica_c | 2009-10-24 23:54 | Health

ジュリ7歳

b0025926_15543553.jpg

本日はジュリの誕生日。7歳になりました。最近のフェレの平均寿命は6〜7歳らしいですが、7歳の壁を越えられました。人間達だけケーキをいただきました。ごっさんです。

最近は艶艶だった毛もパサつき気味で薄毛に、ちらほらと白い毛が混じるようにもなりました。寝てる時間も増え、放牧も15分ぐらいで寝てしまいます。でもちょくちょく起きてとことこ歩き回ってます。

b0025926_15544736.jpg

病を抱えてますが、マイペースにのんびり過ごしてます。
[PR]
by amica_c | 2009-09-20 21:57 | Event

9月のジュリの定期検査とアルの通院

今日は2匹まとめて。キャリーが重かった…。

気温が下がってきて、調子が今イチのジュリ。案の定血糖値が下がり気味でした。ということでステロイドが増量されました。今までの1.5倍。去年の11月にインスリのステロイド治療が始まってから、初めての増量。今度の日曜日にジュリは7歳になります。寝る時間が増え、わずかな気温の下降に敏感になり(病気のせいで体温保持が難しい)、色々覚悟が必要な時期になりました。左副腎の切除から2年。目標はこの冬を越す、かな?

先週、白血球数が激減して、抗ガン剤の投与が中断していたアル。今週は大丈夫でした。ということで治療再開。3週間抗ガン剤なしで現状を維持できていたことを鑑みて、次の注射は3週間後、自宅での投薬は3日に1回から4日に1回に、ステロイドも日に2回が1回に減量になりました。ステロイドはそろそろ効果がなくなる頃、という判断だそうです。相変わらず後ろ足が弱っていて、よたよた歩きですが、元気によたよたしてます(笑)。アルに限らず全員ですが、秋の気配とともに食欲が増し、よく食べてます。夏の1.5倍ぐらい?
[PR]
by amica_c | 2009-09-17 23:01 | Health

アルの通院とジュリの6月の定期検査

ジュリの月一の定期検査。血糖値は106。かなりいいです。ステロイドを飲み始めて半年経ったので、ついでに肝臓の数値も見ましたが、異常なし。あと、後ろ足の裏とお腹の毛が薄くなったので、残った右副腎のエコー検査もしましたが、こちらも異常なしでした。単に毛替わりの失敗?

そしてアル。アルは今週で毎週の注射が終わるはずでしたが、血液検査の結果、白血球数と血小板数がかなり低く、抗ガン剤の注射は一旦中止、更に家での抗ガン剤投薬も中止してステロイドのみにして様子を見ることになりました。来週もう一度検査して、数値が上昇していれば今までの治療を続行、数値が変わらないか低くなっていたら、違う種類の抗ガン剤治療に切り替えるそうです。

腎臓のエコー検査は縦1.2センチ横2.8センチと、先週の縦1.2センチ横3センチより気持ち小さくなってました。左右とも。

体重は相変わらず700〜740gの間をうろうろ。もう少し増えてくれないかなー? 猫缶+免サポ+フィッシュオイル+アルギニンのごはんを、最近はスープ部分だけではなく、お肉の部分も食べるようになりました。まだほんのちょっとですが。少しずつ量を増やしていくつもりです。

b0025926_1537167.jpg

先週引っ掻き魔のバティとアルに引っ掻かれたキャリーカートの内側。少し補修をしました。ケバケバになった部分は飛び出た糸をハサミで切り、ライターで焼いてほつれ止め。内壁の背面と床部分は補強で丈夫なナイロン生地を縫い付けてましたが、天井部分はそのままでした。そこも引っ掻かれ、一部裂けかかっていたので、天井もナイロン生地を縫い付け、ついでにマジックテープでポケットになるようにして、保冷剤を入れられるようにしました。

100均でケーキ屋さんで箱に入れてくれるような小さな保冷剤が連なったのを売っていたので、4つ繋げたのを入れましたが、行きはともかく、帰りは完全に溶けてました。気休めにしかならないかも。サイドポケットに入れたプラスチックの保冷剤だと帰るまで凍ってるので、やはりそちらがメイン冷房になります。

水漏れしていた水ボトルのシッピーは、ちゃんと組み立て直したら、ほとんど水漏れしなかったです。ただし、移動中は飲まないですねー。部屋に置いておくと、なぜかラテが気に入って、わざわざキャリー内のこのボトルから水を飲んでます(笑)。

b0025926_15371338.jpg

病院に行った時間は、結構雨が降ってました。前面カバーに防水スプレーをかけ、屋根のないところを歩く時はリュックにして背負って行きました。かなり便利でした!
[PR]
by amica_c | 2009-06-17 22:48 | Health


我が家のフェレットのニコ、ラテ、ジュリ、ロビー、バティ、アルの6匹の日々の日記です。mixiの日記のフェレット記事を共有中。


by amica_c

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
Profile
Life
Play
Movie
Event
Food
Health
Weight

以前の記事

2012年 04月
2011年 11月
2011年 09月
2010年 12月
2010年 11月
more...

フォロー中のブログ

Life with Fe...
愛のクリーム煮
kirakira星
いたち猫的日常風景
hairy kids
鼻毛鼬のお花畑
いたちたちの徒然日記
えいちぃーずのずっこけ徒然日記
ねこのきもち
思う壺Bar withフ...

本サイトとリンク

最新のトラックバック

カーペット
from ブログで情報収集!Blog-..
タウリン 効果
from タウリン 効果
やっと新調~
from いたち猫的日常風景
大地、カエル・デビュー(..
from いたち猫的日常風景
ケモノなのに共同便所を作..
from 町人思案橋 (時事と常識戯問..
甘えん坊症候群
from ..
調味料バトン♪(遅っ;;
from えいちぃーずのずっこけ徒然日記
似てる? ・・・おバカさ..
from いたち猫的日常風景
思い出作り。
from ..
[memo]調味料バトン
from るるむく日記

タグ

(45)
(44)
(40)
(34)
(29)
(29)
(17)
(15)
(15)
(14)
(12)
(11)
(9)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)

ライフログ


フェレットの医・食・住 改訂版


犬と猫のための手作り食―ペットの健康のための賢い選択


いたずらフェレットは容疑者 [ペット探偵2] (ランダムハウス講談社 シ 2-2 ペット探偵 2)


マラソン2年生


よつばと! 10 (電撃コミックス)


とりぱん(10) (ワイドKCモーニング)


劇場版トライガン「TRIGUN Badlands Rumble」(DVD通常版) [DVD]


MICHAEL

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧