バティの右副腎摘出1年後検診

b0025926_0525149.jpg

先月でバティは右副腎をとってから1年になりました。ってことで、スプレロリンの追加埋め込みに行ってきました。

何度も書いてるかもしれませんが、このスプレロリンは本来は犬用の避妊薬。ホルモンの分泌の調整をして、発情期が来ないようにする薬です。アメリカでは非認可の薬で、ヨーロッパのショードッグなどに使われるそうですが、ヨーロッパではフェレットにも使用し、性ホルモンをコントロールすることで、副腎腫瘍を防ぐそうです。

前回は手術の麻酔が効いてる最中に入れましたが、今回はガス麻酔をした上で入れます。入れるのはマイクロチップを入れるのと同じような特殊な注射器。背中に1〜2ミリの穴が開きますが、それは接着剤で塞ぎます。一応異物を体内に入れるわけなので、背中が腫れないか、1週間位は気をつけてほしいと注意を受け、終わり。

帰り道、途中までは麻酔が効いてぼーっとしてたのに、覚醒したらしく、キャリーの中で暴れてました。いつも通りに(笑)。バティの残った左副腎をまた1年守ってくれますように。スプレロリンをインプラントしても、副腎腫瘍になった例もあるそうなので、絶対じゃないらしいです。麻酔や血液検査代を入れても、リュープリン2回分ぐらいのお値段で1年効果があるものなので、飼い主の負担も少ないいいお薬だと思います。
[PR]
# by amica_c | 2010-03-02 00:53 | Health

2010年フェレ病院はじめ

年末の同人原稿、イベント、年明けのイラストの仕事が終わったので、日記再開。

今年も早々からフェレットの病院通いです。

b0025926_3211727.jpg

まずはニコから。1月8日に薬が切れるので通院しました。ニコは毎日1個飲む薬があって、1ヶ月分だけもらってるので、きっちり30日毎に通ってます。ちょっと咳が出てたのでまた悪化したかと思って心配してましたが、心臓の状態は先月からまたちょっとよくなってました。心臓の回りに白いポツポツがレントゲンで映ってましたが、それは腫瘍などではなく(小さすぎる)、カルシウムの小さい塊で、年寄りフェレにはよくあることだと説明されました。

b0025926_3214192.jpg次にジュリ。1月18日に通院しました。ジュリは月末に行く予定でしたが、足の裏に血腫ができて、緊急で行きました。実はこの血腫ができたのは二度目。去年の日記に書くのを忘れてました。足の裏の指の間にできものができて、そこから血が出てその血が固まった血腫でした。その時、その場で切開切除してもらい、接着剤で傷を留めてもらってました。その接着剤がとれて、同じ場所から出血したのでした。傷口がパンパンに腫れてました。が、病院に着いて診察待ちの間に様子を見たら、気持ち悪そうに口をくちゃくちゃして、よだれを出してたので口回りを拭いたら、ウエットティッシュに色がつく…血?って思って、体を調べてみたら、お腹に足の裏にくっついていた血の塊が落ちてました。自分でとってしまったみたい。

診察してもらい、接着剤だとまた同じことになる。でも縫うには麻酔が必要だけど、今の状態で麻酔はなるべく使いたくない。なので、敢えて傷は閉じずにそのままにしましょうってことになりました。切開したら根っこみたいな部分があったので、それをとり、血管の切れ端をレーザーで焼いたそうです。あとは自宅で傷口を日に数回洗い流し、消毒することで対処。

くちゃくちゃしていたけど、血糖値は下がってませんでした。なので発作ではなく、例の病院嫌いのせいで気分が悪くなったという状態だったようです。腎臓の数値はまた改善されてました。まだ異常値なのでもう少しがんばれ。体重は増えていた。月末にもらう予定だったステロイドももらいました。

来月はバティのホルモン抑制剤の追加打ちの月。それまで病院には行かなくてもよさそう。
[PR]
# by amica_c | 2010-01-20 02:02 | Health

2009年フェレット病院おさめ

b0025926_162174.jpg

本日ロビー君をジステンパーワクチン接種に病院に連れて行き、無事に今年の病院通いが終了。

ロビーは本当は先月に注射のはずが、他のフェレの通院に忙しくて、後回しにしてました。体重が減り、脱毛が続いて、多少心配でしたが、両方とも発情中だからでしょうってことでした。去年の今頃の体重も今と同じような1.25キロ。春が1.4キロなのでこれは発情痩せですね。脱毛もこれだけ男性ホルモンが活発なら(タマタマは大きいまま)当然ですと言われました。杞憂でよかった。

が、しかし、春に「胃の中の毛球がなくなってる」って言われて喜びましたが、その毛球を再発見。移動してただけみたいです。大きさといい形といい、下から出る可能性は低いけれど、5歳という年齢と今のところ何の影響もないということを考えると、無理に外科手術でとる必要はないとのことでした。まあ、様子見かな?

我が家で唯一大きな病気をしてないロビー。このまま普通に年をとっていってほしいです。

b0025926_16211748.jpg

今週始めはジュリの通院でした。TP値はやや下がってました。病院の機械で計れる10.4g/dlでした。このままステロイドのみで様子見です。この頃調子がいいらしく、「食う寝る出す」以外の「遊ぶ」をするようになり、一時期黒っぽくて脂っぽい軟便をしていたのが、普通便をする回数が増え、起きてる時間もちょっと増えました。700g前半だった体重も、じわじわ増え、800gを越えました。ただし、ドライフードをまったく食べなくなりました。手作り食と猫缶+免サポのごはんを交互に食べてます。

その日は待合室でフェレ友さんとばったり。ロビーの親戚君がおかしな咳をしていたので、心臓病ではないかと来院したそうです。が、結果まったくの健康体だったそうです。よかった。その時に、脱水症状の場合はロイカナの電解質サポートより、大塚製薬のOS-1(経口補水液)の方がフェレットは喜んで飲むことを教えていただきました。ジュリのために常備することにします。

OS-1と家で作れる補水液

来年は1月中旬ぐらいにニコ、下旬にジュリが通院予定。両者とも安定してるので今のところは安心です。
[PR]
# by amica_c | 2009-12-26 23:13 | Health

のほほんいたち

b0025926_16183343.jpg

ウォーキングの途中で見つけたリサイクルショップで買ったトミーの「のほほん族」を塗装し直して、フェレットバージョンを作りました。

ネットでこれを分解して中の構造を明らかにしてるサイトで、分解方法を見て、ばらして塗装しました。色々苦労したのでその過程を書いておきます。

台座から上の人形部分を取り外す。手は体と台座にはめ込んでいるだけ。足は台座の裏からねじで留めてあった。頭と体もばらせるらしいけれど、外すと振り子部分を再組み立てするのが大変そうなので、頭と体はそのままに。

それぞれアクリル絵の具のジェッソで下塗り。薄く塗ってはドライヤーで乾かし、を繰り返して、下の色が見えなくなるまで。その上にアクリル絵の具でフェレ色っぽい色に塗装。これも数回。

が、この途中で体部分に内蔵されていたコイルとソーラー回路を繋ぐ細いエナメル線2本の内1本を切ってしまう。

塗装が終わって、組み立て直す。が、下塗り剤と絵の具の分、太ったためか、最後の台座の裏のカバーがしまらない。ぎゅうぎゅうにはめ込んで、なんとか再組み立て。

切れたエナメル線をテープでつけてみたけど、ゆらゆら動きをせず。室内が暗いせい?っとも思ったので、翌日の昼まで待つ。

待ったけれど動かず。ということで、人生初半田。半田付けしてみました。何となくこんなやり方だろうって感じでやってみた(笑)。動くようになった! が、動きが時々不自然。こののほほん族は蛍光灯だろうが、きつい太陽光だろうが、同じ動きをするよう振り子部分の磁石のゆれを制御する回路が入っているそうで、それをどうにかしたのかも。でも動くようになったので、ま、いいや。

これはイベント会場で自スペース番号を書いておくディスプレイに使用します。塗装前の写真を撮っておかなかったので、ネットで拾ってきました。2004年発売のプーさんバージョンです。

b0025926_16184247.jpg

もしまた塗装し直しをする場合、ばらしたあとは、台座部分を養生して、台座に体部分をはめ込んで固定して塗装します。それだとエナメル線を痛める可能性が低くなります。
[PR]
# by amica_c | 2009-12-25 13:23 | Life

ニコとジュリのこの頃

春の検診時に血液検査をしたら、肝臓の数値が異常に高かったニコ。予定していたジステンパーのワクチン接種を中止して、肝臓の治療に専念してました。秋まで一進一退で、咳が出て気管支炎になったり、鼠径部が腫れて脱肛したりしました。が、今度は拡張性心筋症になってしまいました。その代わりなのか、肝臓は正常値にもどり、薬もいらなくなりました。

心筋症はしばらくは血管拡張剤を通常の1/2錠を毎日飲ませるだけだったのが、心臓の拡張が止まらず、今は1錠に。更に心臓や肺の周りに水分が出始めたので利尿剤を与えることになりました。その状態で今日の検診。レントゲンで心臓が小さくなったことを確認し、心臓周りのもやもやした白い部分の水分もなくなったのを確認しました。薬は変わらず2種を与え続けるけれど、今は咳も全く出ないし、安定しているのでよしとします。

先週、どうみても具合が悪そうだったジュリ。通院予定ではなかったけれど病院へ。血糖値が下がって具合が悪いのだと思ってたんですが、血糖値はそこそこ。脱水症状がありました。脱水は点滴で改善し、元気が回復しましたが、血液検査の結果がよくありませんでした。TP(総蛋白)の数字が 11g/dl。しかし11というのは病院の機械で計れる最高値。11以上である可能性が高い、ということで、アリューシャン症を視野に入れて、外部のラボに生検と便検査を依頼しました。

今日は血液検査の結果だけ出ていたので、その報告書だけもらいました。TPは12.6g/dlでした。アルブミン26.7%、α1 3.4%、α2 4.9%、β1 15.3%、β2-γ1 27.8%、γ2 21.9%という数値も異常値だそうです。ADV抗体値は3倍未満で陰性。他の感染症の疑いがあるそうです。

先週からジュリはフェレタワーの3階の個室に引っ越しました。ハンモックはつけず、床に潜り袋を置き、その下にペット用電気あんかを置いてます。食欲は変わらず、もりもり食べてます。眠りもバティに邪魔されずいい具合のようです。でも今週になってやや下痢気味。脱水状態が改善されてからは、シリンジによる投薬を嫌がらなくなりました。先週始めは嫌がって、薬が口に入ると同時にあぶくを出して、薬を押し出してました。

ジュリとしては居心地はいいらしいので、ADVでないとわかってもこのまま個室住まいを続行することにします。あんかが丁度よければ潜って寝てるし、暑ければ袋の上で寝てます。パネルヒーターよりも快適みたいです。
[PR]
# by amica_c | 2009-12-08 15:55 | Health

ニコラテ7歳

b0025926_1614438.jpg
b0025926_16141336.jpg

本日はニコとラテの誕生日です。7歳になりました。

これでジュリと合わせて我が家のフェレの過半数が7歳に。高齢化がぐんぐん進んでます。ジュリはこのところ薄毛が進行して、見るからにお婆ちゃんだし、ニコも本日の検査で心筋拡張症が進行していて、薬の量と種類が増えました。ラテはリンパ腫から復帰後元気いっぱいですが、この頃はさすがに放牧30 分ほどで寝てしまいます。左副腎もわずかに腫れているようです。

3匹共一緒に春を迎えられることを祈ります。
[PR]
# by amica_c | 2009-11-19 22:47 | Event


我が家のフェレットのニコ、ラテ、ジュリ、ロビー、バティ、アルの6匹の日々の日記です。mixiの日記のフェレット記事を共有中。


by amica_c

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
Profile
Life
Play
Movie
Event
Food
Health
Weight

以前の記事

2012年 04月
2011年 11月
2011年 09月
2010年 12月
2010年 11月
more...

フォロー中のブログ

Life with Fe...
愛のクリーム煮
kirakira星
いたち猫的日常風景
hairy kids
鼻毛鼬のお花畑
いたちたちの徒然日記
えいちぃーずのずっこけ徒然日記
ねこのきもち
思う壺Bar withフ...

本サイトとリンク

最新のトラックバック

カーペット
from ブログで情報収集!Blog-..
タウリン 効果
from タウリン 効果
やっと新調~
from いたち猫的日常風景
大地、カエル・デビュー(..
from いたち猫的日常風景
ケモノなのに共同便所を作..
from 町人思案橋 (時事と常識戯問..
甘えん坊症候群
from ..
調味料バトン♪(遅っ;;
from えいちぃーずのずっこけ徒然日記
似てる? ・・・おバカさ..
from いたち猫的日常風景
思い出作り。
from ..
[memo]調味料バトン
from るるむく日記

タグ

(45)
(44)
(40)
(34)
(29)
(29)
(17)
(15)
(15)
(14)
(12)
(11)
(9)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)

ライフログ


フェレットの医・食・住 改訂版


犬と猫のための手作り食―ペットの健康のための賢い選択


いたずらフェレットは容疑者 [ペット探偵2] (ランダムハウス講談社 シ 2-2 ペット探偵 2)


マラソン2年生


よつばと! 10 (電撃コミックス)


とりぱん(10) (ワイドKCモーニング)


劇場版トライガン「TRIGUN Badlands Rumble」(DVD通常版) [DVD]


MICHAEL

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧