<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

フェレットの供血

b0025926_15394117.jpg

先週末、緊急で献血してくれるフェレットを探しているという記事が某フェレショップの掲示板にあり、そのフェレの病院がうちのフェレも何度か世話になっている緊急で駆け込む近場の病院であり、また母親の飼っているポメラニアンのかかりつけでもあり、場所も近いってことで協力しました。

ただし、うちのフェレは年寄りばかり。協力できそうなのは、2月に右副腎を取ったバティ(4歳)と只今絶賛発情中のロビー(5歳)だけです。以前、ニコがまだ2歳の時に供血したことがありました。若くてむちむちのオスフェレでしたので、ちょっと無理して、2ヶ月後に2回目の供血しましたっけ。

ということで自分メモ。
供血可能なフェレットは、
・健康状態がいいこと。
・年齢は1歳以上5歳以下。2〜3歳が最も適している。
・体重は1キロ以上。できれば1.2キロ以上。
・アルビノフェレット、アンゴラフェレットはクロスマッチ試験で適合しない場合があるので避ける(輸血対象フェレがそれぞれアルビノ、アンゴラの場合はこの限りではない)。
・供血の間隔は3ヶ月以上開けるのが望ましい。

採血量は10cc程度。ガス麻酔を施し、胸の血管から採取。20〜30分ぐらいかかる。輸血は2〜3時間かけてするそうです。

連絡を取って、30分後には病院に着いてました。体格からなのか担当医さんは2匹の内、バティをチョイス。血液検査の結果を見たあと、最初遠慮して無麻酔で採血しようとしましたが、バティは大暴れ(笑)。なので麻酔を使って下さいと申し出て無事に採血。バティは片副腎なので、ストレスには弱いけれど、10ccぐらい供血するのに支障はまったくないそうです(うちのかかりつけ医談)。

輸血したフェレさんが少しでも楽になりますように。
[PR]
by amica_c | 2009-06-17 23:36 | Health

アルの通院とジュリの6月の定期検査

ジュリの月一の定期検査。血糖値は106。かなりいいです。ステロイドを飲み始めて半年経ったので、ついでに肝臓の数値も見ましたが、異常なし。あと、後ろ足の裏とお腹の毛が薄くなったので、残った右副腎のエコー検査もしましたが、こちらも異常なしでした。単に毛替わりの失敗?

そしてアル。アルは今週で毎週の注射が終わるはずでしたが、血液検査の結果、白血球数と血小板数がかなり低く、抗ガン剤の注射は一旦中止、更に家での抗ガン剤投薬も中止してステロイドのみにして様子を見ることになりました。来週もう一度検査して、数値が上昇していれば今までの治療を続行、数値が変わらないか低くなっていたら、違う種類の抗ガン剤治療に切り替えるそうです。

腎臓のエコー検査は縦1.2センチ横2.8センチと、先週の縦1.2センチ横3センチより気持ち小さくなってました。左右とも。

体重は相変わらず700〜740gの間をうろうろ。もう少し増えてくれないかなー? 猫缶+免サポ+フィッシュオイル+アルギニンのごはんを、最近はスープ部分だけではなく、お肉の部分も食べるようになりました。まだほんのちょっとですが。少しずつ量を増やしていくつもりです。

b0025926_1537167.jpg

先週引っ掻き魔のバティとアルに引っ掻かれたキャリーカートの内側。少し補修をしました。ケバケバになった部分は飛び出た糸をハサミで切り、ライターで焼いてほつれ止め。内壁の背面と床部分は補強で丈夫なナイロン生地を縫い付けてましたが、天井部分はそのままでした。そこも引っ掻かれ、一部裂けかかっていたので、天井もナイロン生地を縫い付け、ついでにマジックテープでポケットになるようにして、保冷剤を入れられるようにしました。

100均でケーキ屋さんで箱に入れてくれるような小さな保冷剤が連なったのを売っていたので、4つ繋げたのを入れましたが、行きはともかく、帰りは完全に溶けてました。気休めにしかならないかも。サイドポケットに入れたプラスチックの保冷剤だと帰るまで凍ってるので、やはりそちらがメイン冷房になります。

水漏れしていた水ボトルのシッピーは、ちゃんと組み立て直したら、ほとんど水漏れしなかったです。ただし、移動中は飲まないですねー。部屋に置いておくと、なぜかラテが気に入って、わざわざキャリー内のこのボトルから水を飲んでます(笑)。

b0025926_15371338.jpg

病院に行った時間は、結構雨が降ってました。前面カバーに防水スプレーをかけ、屋根のないところを歩く時はリュックにして背負って行きました。かなり便利でした!
[PR]
by amica_c | 2009-06-17 22:48 | Health

アルの通院とバティの術後検査

b0025926_15333142.jpg

昨日はアルの3回目の抗ガン剤注射の日でした。週一で打つのはあと1回。
体重はこの数日は700〜740gの間を行ったり来たり。でも600g台の時に比べれば足腰はしっかりしてきたっぽいです。

毎回恒例の腎臓のエコー検査。結果は先週とまったく変わらず。3センチ×1.2センチです。左右とも。ここで先生は「う〜〜〜ん」と考え込みました。というのも、大きさは左右とも全く同じ。先週とまったく変わらず。形は普通でいびつなところはない。つまり「ひょっとしたら、このサイズがこの子の普通なのかも」だそうです。フェレットの腎臓の正常な大きさは1センチから2.5センチの範囲内だそうです。アルの体格から考えて3センチは大きすぎだそうですが、「腫瘍が左右まったく同じような大きさってことは考えにくい」ということで、このサイズが正常という可能性がないわけじゃないらしいです。

他の血液検査では多少数値が正常値より多かったり少なかったりしましたが、許容範囲内みたいです。

b0025926_15334286.jpg

バティは右副腎切除手術後の再発転移がないかの検査。術後1ヶ月、術後3ヶ月、術後6ヶ月の3回検査をする予定で、昨日は3ヶ月後の検査。

結果は何もなし。順調です。バティは先月から100g太って、今は1450gあります。普通は秋口に太って、今頃は痩せる時期です。ひょっとしてインプラントした避妊薬のせい?って思って聞いてみました。避妊薬のせいでホルモンバランスが冬仕様になって太った…というのは考えにくいそうですが、いわゆる「発情痩せ」の逆の状態にはなっているかも、というお答えでした。なんにせよ、ニュージーらしいガチムチフェレ体型は大歓迎です。

バティの再発検査は次は秋口です。来週はアルとジュリの通院。
[PR]
by amica_c | 2009-06-10 17:56 | Health

新しいキャリーカート

今年始めにスーツケースにカートがくっついたようなキャリーを買ったばかりですが、どうも使い勝手がよくないってことで、またまた新しいのを買いました。

そのままではフェレットに使いにくい。ということでまたもや大改造!
今回買ったのはこのキャリーカート
色々回ってみたところ、この店が最安値でした。同じタイプのものが結構あります。ってより、多分元祖はこちら。サイズも色々ありますし。
でも一応名の通ったFerplast社製のもまったく同じデザイン(^ ^;)。
私が買ったのはコピー品ですな。
似たようなデザインで、カインズホームオリジナル(赤・黒、3980円)、コーナンオリジナル(赤・ベージュ、2980円)ってのもありました。

b0025926_1520373.jpg

b0025926_15201353.jpg

改造は数日かかりました。フェレ仕様ってことで考えられる限りやってみました。すでにできあがっているものに付け足すので、ちくちく手縫いで縫い留めていく作業がほとんど。指が疲れました。

フロントカバーのアイディアは私ではなく、同人イベントで知り合った某ブログのフェレとチワワの飼い主さんのアイディアです。アイディア盗用(笑)の許可は得てあります。

早速本日の通院に使ってみました。乗客はガリガリ引っ掻き魔の二匹バティとアルです。病院に行くまでと病院の待合室で、二匹でガリガリずっと引っ掻いてくれました。帰りはさすがに疲れたらしく、時々ガリガリしてただけ(笑)。途中でファスナーを開けかけたので焦りました。持っていたひもと針金でとりあえずの応急処置。家に帰って小さいナスカンをつけました。あと、ファスナーと本体の縫い代をくるんでるナイロンテープが爪でけばけばにされてました。繊維でない合皮のテープかなにかで補強しないと。いや、ナイロンだからけばけばをライターで焼けばいいのかな?

あと、Ferplastのシッピー。飲み口のところにボールを使ってなくて、下から押し上げると水が出るタイプのボトルで水漏れしないというもの。でも水漏れしました。これは仕方ないかな?

フェレにとっても居心地は悪くないみたいです。バッグが届いてから、匂いをつけてもらうために部屋にずっと置いてますが、フェレ的には狭すぎず広すぎず寝るには最適な大きさのようです。ニコラテバティは放牧中にバッグで寝ることが多いです。

b0025926_15202227.jpg

前のキャリーカートよりもハンドルがしっかりしてるし、コロも幅が広くて安定してるし、ちょっとだけですが舗装道路でも音が小さいです。前のキャリーの方が床は木材、天井部にはアクリル板が入っていて丈夫なのですが、このキャリーカートは7キロぐらいまでの犬でも大丈夫に作ってあるようなので、バティが4匹までなら大丈夫ってこと(笑)。リュックは多分長い階段とか、でこぼこ道をずっと歩くとかの場合にしか使わないと思いますが、あれば絶対便利です。

あとはこの辺を参考に、ボトルから漏れる水の水受けと餌入れを作ったら完成です。
[PR]
by amica_c | 2009-06-09 20:19 | Life

アルの通院と6月のニコの定期検査

b0025926_1517395.jpg

ニコの定期検査は本当は先月末に行くはずが、どうせならアルの通院日に合わせてしまえってことで、月初めの月曜日に行きました。

過去2回肝臓の数値に動きがなかったニコですが、ここに来て悪化。ってことで肝臓のお薬を処方されました。たぶんラテが抗ガン剤治療をしてる最中に肝臓を悪くした時のと同じもの。果糖液で割った水薬なので、ニコはご機嫌で飲みます。1日2回。あー、また洗面所のシリンジが増えたーーー。ニコのシリンジには☆マークのシールを貼りました(笑)。アルが青丸のシール、ジュリは無印、という風に区別してます。

この薬、あまり強くないという説明。「サプリメントみたいなものです」と言われました。実はニコに試そうと思って肝臓強化のサプリメントを注文してたのですが、一緒に注文した私のサプリが欠品で、取り寄せに時間がかかってようやく病院に行った日に到着。そのサプリも使っていいかとお伺いしたところ、オッケーということに。更に肝臓疾患のための食餌療法をしてもいいかと聞いて、これも承諾してもらいました。でも脂肪分少なめ、ビタミンA控え目の考え方はちょっと古いかも…というご意見も(ビタミンAの方。脂肪少なめはいいみたい)。もうちょっと調べてみます。ニコの血糖値は62mg。

こうやって病院でもらった薬、市販のサプリ、手作り処方食をいっぺんに始めてしまうと、どれが効いたのか(あるいは効かなかったのか)わからなくなりそう…。最終的には効けばいいんですけどね。

アルは2回目のピンクリスチンの静脈注射。その前にエコーで腎臓の様子を見ましたが、1週間前はその前より横幅が3.5センチから3センチに減り、縦が1.6センチのままでした。今回は横幅は3センチ変わらず、縦幅が1.2センチに減ってました。が、先生は浮かないお顔。もう少し劇的な変化があってもいいはず、だそうです。あと2回週一で打つので、そっちに期待しましょうということに。この日のアルの体重は700gちょっと。本日は720gでした。2週間前の体重にもう少しで戻る! アルの血糖値は89mg。「おおっ」って言ったら、「インスリノーマの初期の子に与えるより濃いステロイドを飲んでいるのに、この数字は低いです」と言われてしまいました。それでもアルの血糖値が80を越えた数値が出たのは2006年の10月以来です。本人は今も元気に蛇行しながら歩いてるので、このふらふら加減は低血糖が原因ではなく、やはり病気で後ろ足が弱ってるせいらしいです。

来週はアルはバティ(副腎腫瘍再発or転移の検査)と一緒に病院です。キャリーが1個でいいので楽です。ニコとアルは一緒にできないので二個で行きました(^ ^;)。
[PR]
by amica_c | 2009-06-03 01:36 | Health


我が家のフェレットのニコ、ラテ、ジュリ、ロビー、バティ、アルの6匹の日々の日記です。mixiの日記のフェレット記事を共有中。


by amica_c

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

全体
Profile
Life
Play
Movie
Event
Food
Health
Weight

以前の記事

2012年 04月
2011年 11月
2011年 09月
2010年 12月
2010年 11月
more...

フォロー中のブログ

Life with Fe...
愛のクリーム煮
kirakira星
いたち猫的日常風景
hairy kids
鼻毛鼬のお花畑
いたちたちの徒然日記
えいちぃーずのずっこけ徒然日記
ねこのきもち
思う壺Bar withフ...

本サイトとリンク

最新のトラックバック

カーペット
from ブログで情報収集!Blog-..
タウリン 効果
from タウリン 効果
やっと新調~
from いたち猫的日常風景
大地、カエル・デビュー(..
from いたち猫的日常風景
ケモノなのに共同便所を作..
from 町人思案橋 (時事と常識戯問..
甘えん坊症候群
from ..
調味料バトン♪(遅っ;;
from えいちぃーずのずっこけ徒然日記
似てる? ・・・おバカさ..
from いたち猫的日常風景
思い出作り。
from ..
[memo]調味料バトン
from るるむく日記

タグ

(45)
(44)
(40)
(34)
(29)
(29)
(17)
(15)
(15)
(14)
(12)
(11)
(9)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)

ライフログ


フェレットの医・食・住 改訂版


犬と猫のための手作り食―ペットの健康のための賢い選択


いたずらフェレットは容疑者 [ペット探偵2] (ランダムハウス講談社 シ 2-2 ペット探偵 2)


マラソン2年生


よつばと! 10 (電撃コミックス)


とりぱん(10) (ワイドKCモーニング)


劇場版トライガン「TRIGUN Badlands Rumble」(DVD通常版) [DVD]


MICHAEL

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧