<   2009年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

アルの体重

b0025926_1513316.jpg

フェレットはどの子も同じですが、食事前と食事後だと大分体重が違います。なので食べたあとに統一して体重測定をしてます。

アルの体重の推移(1桁台は四捨五入)
5月17日 760g
5月23日 700g(多分)*病院の量りは50g単位なので不正確
5月24日 640g
5月25日 650g
5月26日 昼670g 夜680g
5月27日 昼690g

b0025926_15134035.jpg

大分戻してきました。次の通院時までには元の体重に戻りそうです。700gに戻っても腫瘍が小さくなった分、更に増えてることになります。本人は気力は普通にありますが、足がうまく使えず、蛇行歩行してます。もうちょい頑張ろう、アル君。
[PR]
by amica_c | 2009-05-28 01:27 | Health

アルのその後

b0025926_1593584.jpg

先週頭に検査依頼をしたADVの結果は陰性。同じ日に打ったL-アスパラキナーゼの反応はまずまず。両腎臓と肝臓がやや小さくなっていました。つまり、リンパ腫にほぼ間違いないだろうということで、抗ガン剤治療のスタートです。

ラテの時と全く同じスタンダードなcop療法というやつです。最初の4週間は週一で抗ガン剤の静脈注射をし、家では3日に1回飲み薬の抗ガン剤を飲ませ、毎日2回ステロイドを飲ませます。

b0025926_1594577.jpg

ジュリが低血糖で日に2回のステロイド投与ということで、シリンジやら、冷蔵庫のステロイドや抗ガン剤が混じらないよう、マークをつけました。特に抗ガン剤の方は「飼い主さんの手についた場合、すぐに洗い流して下さい」という強い薬なので、間違えたら大変。容器に目立つシールを貼って、アルの名前と投与日、投与量も書きました。

後ろ足が弱っているのは、関節がおかしいわけではないので、治療で回復して来たらある程度は元に戻るだろうって予想です。そうなってほしいです。今は後ろ足で踏ん張ることができないので、おしっこする時、お腹を床につけたまましてしまいます。ペットシーツがあろうが、トイレ砂があろうが同じです。お腹にべっちょりおしっこがつき、いつもおしっこ臭いです。ついでに同じケージのバティやジュリも臭いです(笑)。ちょくちょく洗ってますが、1日に何回もするおしっこなので間に合いません。

アルの体重は先月までは800g台の半ばをうろうろしてました。が、今月に入って少しずつ減って、先週は760gでした。元々男の子なのに1キロにギリギリ届かない細い子でしたが、これは痩せ過ぎ。でも各臓器がちょっと小さくなって、回復するかもって思ってました。ところが夕べ、手に持った感じが違う! 慌てて量ると640g! 1週間で100g以上、土曜日の病院では700gちょっとあったので、1日で50gぐらい減ってました。

こりゃ大変だ!ってことで、病院が開く時間のちょっと前に電話し、必要ならすぐに出かけるつもりでした。ところが、「食欲は以前と変わらずある。便の状態も良好。よたよたしてるけど動き回る気力もある」ということで、病院で何かするより、家で消化がよくて栄養のあるものを食べさせた方がいいと、アドバイスを受けました。体重が減ったのには、腫瘍が小さくなったことも影響があるということでした。

食間に免サポと電解サポとうずらの卵を混ぜたものを食べさせてます。アルはフード以外はササミジャーキーと生卵ぐらいしか食べません。免サポはまあまあ気に入ったみたいです。他にも副食を色々考え中。

これから半年近く治療が続きます。アルの体力と私の気力が保ちますように…(祈)。
[PR]
by amica_c | 2009-05-25 22:43 | Health

5月のジュリアルの定期検査

b0025926_157032.jpg

今月のジュリの血糖値76mg。昼のステロイドを与えて数時間後の数値。まずまずです。

今月のアルの血糖値54mg。彼の平均値内だと思われます。が、このところぐんぐん痩せて来たので、念のため他の項目の血液検査も一緒にお願いしました。すると、赤血球白血球関係の項目が軒並み少なめ。数字だけ見ると脱水状態で貧血状態ってことに。

しかし、本人は結構元気。ただしこのところますます後ろ足が弱っています。それに放牧中にやたら粗相します。ちょっとボケが入ってる?って感じです。

追加でレントゲンとエコー検査もしました。結果、腎臓肝臓脾臓肥大と心臓の形がおかしいということがわかりました。多臓器不全、つまり機能低下してるようです。脾臓は元々腫れていて、大きさは変わってないそうですが。それに副腎も以前と同じ程度腫れてます。

原因は?というと、よくわからないので感染症を疑い、念のためADV(ミンクアリューシャン症)の検査依頼をし、可能性が高いだろうリンパ腫を想定して、L-アスパラキナーゼの注射を打ってもらいました。この注射の効果が出たらリンパ腫に間違いないだろうってことになります。結果はADV検査が来週始めに、L-アスの結果は週末にわかります。

アルはうちで決めた仮年齢はこの春に6歳でしたが、この数年の様子を見ていると、最初に先生が判断した通りもう少し年をとっていて、現在7歳以上かもしれないです。どの程度まで頑張って治療したらいいものか、考え中です…。

あと、バティの今年のジステンパーの予防注射をしました。バティは2月の手術の跡もすっかりわからなくなり、相変わらずの暴れん坊です。
[PR]
by amica_c | 2009-05-19 23:50 | Health

ニコの寝姿コレクション その2

今月上旬頃の。この数日は涼しいのでここで寝てないので写真を撮ってません。
b0025926_153265.jpg
b0025926_1533957.jpg
b0025926_1535196.jpg

[PR]
by amica_c | 2009-05-17 00:13 | Life

ニコの寝姿コレクション その1

気温が上がって来た先月ぐらいから、放牧中にニコご愛用のふさふさクッション(というより寝袋)の上で寝るようになりました。気がついた時に写真を撮るようになって、結構溜まって来たのでちょっと公開。

保護色になってるので(笑)見づらい写真が多いですが。

b0025926_1504370.jpg
b0025926_1505768.jpg
b0025926_151919.jpg

[PR]
by amica_c | 2009-05-15 22:03 | Life


我が家のフェレットのニコ、ラテ、ジュリ、ロビー、バティ、アルの6匹の日々の日記です。mixiの日記のフェレット記事を共有中。


by amica_c

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
Profile
Life
Play
Movie
Event
Food
Health
Weight

以前の記事

2012年 04月
2011年 11月
2011年 09月
2010年 12月
2010年 11月
more...

フォロー中のブログ

Life with Fe...
愛のクリーム煮
kirakira星
いたち猫的日常風景
hairy kids
鼻毛鼬のお花畑
いたちたちの徒然日記
えいちぃーずのずっこけ徒然日記
ねこのきもち
思う壺Bar withフ...

本サイトとリンク

最新のトラックバック

カーペット
from ブログで情報収集!Blog-..
タウリン 効果
from タウリン 効果
やっと新調~
from いたち猫的日常風景
大地、カエル・デビュー(..
from いたち猫的日常風景
ケモノなのに共同便所を作..
from 町人思案橋 (時事と常識戯問..
甘えん坊症候群
from ..
調味料バトン♪(遅っ;;
from えいちぃーずのずっこけ徒然日記
似てる? ・・・おバカさ..
from いたち猫的日常風景
思い出作り。
from ..
[memo]調味料バトン
from るるむく日記

タグ

(45)
(44)
(40)
(34)
(29)
(29)
(17)
(15)
(15)
(14)
(12)
(11)
(9)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)

ライフログ


フェレットの医・食・住 改訂版


犬と猫のための手作り食―ペットの健康のための賢い選択


いたずらフェレットは容疑者 [ペット探偵2] (ランダムハウス講談社 シ 2-2 ペット探偵 2)


マラソン2年生


よつばと! 10 (電撃コミックス)


とりぱん(10) (ワイドKCモーニング)


劇場版トライガン「TRIGUN Badlands Rumble」(DVD通常版) [DVD]


MICHAEL

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧