<   2006年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

修羅場のフェレ

b0025926_325079.jpg
『修羅場』とは「マンガや小説かき用語では、締め切り直前のにっちもさっちもいかない状態・様子のことをいいます…。」(同人用語の基礎知識より)。という意味で、本来の意味とはちょっと違う使い方をします。同人関係のオタク用語であり、職業マンガ家も使用する言葉です。ってことで、今月の私の修羅場は終了しました(^^;)。

こういう切羽詰まった状態だとフェレにもしわ寄せが来ます。〆切1週間前までは通常通りですが、4〜5日前ぐらいから放牧回数が減り、2日前からは放牧時間も短縮されます。更に手作りごはんがなくなり、ドライフードのみになったり、トイレ掃除もうんち拾いだけで、トイレの丸洗いをしなくなることも(^^;)。飼い主もストレス溜めまくり、フェレズもストレス溜めまくりになります。放牧すると必死になって遊んでいるような気がします。はじけっぷりが凄いです。いたずらもひどいので、放牧中にこれ幸いと仮眠をとることもできません。

ドライフードだけ続くと、久しぶりのお肉ごはんがありがたいらしく、凄く食べます。普段はちょっぴり残し気味だったのに。あまりお肉を食べないアルでさえ、普段より食べました。放牧時間もいつもよりたっぷりとりました。2階組+ロビーはちょこちょこ寝ては起きて遊ぶを繰り返し、1階組はジュリがしばらくするとリタイアしてその辺で寝て、バティとアルは延々遊びっぱなしでした。フェレ小屋もきれいにしました。

こういうムラのある生活で申し訳ない。でも適度な刺激になる…わけないか…。
[PR]
by amica_c | 2006-04-26 03:41 | Life

新しい食材 グリーントライプ

b0025926_1335164.jpg新しい食材を買ってみました。フリーズドライのグリーントライプです。この製品、アメリカのペットグッズサイトで見つけて、個人輸入してみようかなぁ?って思ってましたが、このトライプが牛の第四胃だったらBSEの関係で難しいかも?と躊躇してました。犬(猫も)の手作りフードの補助食材で有名なドクター・ハーヴェイズの「パワー・パティース」です。日本でも最近こちらで買えるようになりました。

ここで講釈(笑)。グリーントライプとは胃の内壁部分のことです。グリーントライプのグリーンは未加工という意味で、胃は牛のとは限らず、草食動物(羊、鹿なども)の胃が原料のものはグリーントライプと呼ばれます。ヨーロッパでは昔から犬の健康食品として与えられていましたし、人間の料理にも使用されているそうです。ただとっても臭い! 日本や韓国でもホルモン焼きなどに牛のギアラ(ギャラ、赤センマイ、アボミとも呼びます)が使用されますが、それは臭くないように洗浄し漂白してあるそうです。

アメリカではペットの手作りごはんの素材として冷凍されたものが売られているようです。日本でも洗浄する専門業者がいるそうで、でも普通の流通ではグリーントライプは入手できません。手に入るのは加熱処理して少し漂白してある缶詰だけでした。でもグリーントライプを与える第一の目的は豊富なビタミンですが、その次に草食動物の胃に住み着いているフレンドリーなバクテリア(と、海外では善玉菌のことをこう書いてあることが多いです)です。熱処理したらそのバクテリアは死滅しちゃうのでは? ってことでフリーズドライタイプならそれも期待できます。

パッケージには原料は「生のグリーントライプのみ」とあります。タンパク質(アミノ酸)、ビタミン類、消化酵素、善玉菌、リンとカルシウムの比率は完璧、pHは6.2、という記述もありました。

この製品はそのドライ状態のものを手で崩して欠片をおやつとして与えるものらしいです。試したところ全員「なんだなんだ?」と匂いを嗅ぎに来ましたが、食べたのはニコとバティのみ。夕飯にはぬるま湯でもどして混ぜました。匂いは缶詰より匂いません。どうして臭くないんでしょう? 洗浄してる? でもバクテリアはいるようだし…? 写真では茶色っぽいですが、もどすと緑がかった色になります。お肉に混ぜたら全然わからなかったようで、普通に食べました。

賞味期限が書いてないのですが、フリーズドライのフードだと開封して1ヶ月らしいので、冷凍しておいた方がいいかな?
[PR]
by amica_c | 2006-04-19 02:03 | Food

俺はオトコだ!

b0025926_12321282.jpgもう4月の後半。我が家の春の使者のノーマル・ロビーは今はまだニコラテと同時放牧ができます。夜は別ケージにしてますが、1回目の放牧が終わった後はニコラテ部屋に入れることもあります。来月2歳になるロビーは、去年の春より発情行動が激しくないみたいです。ひょっとしたらピーク時以外は同時放牧ができるかも〜。

ノーマルと言えばtintin引っかけ事故です(^^;)。現在、うちには引っかけ事故が起きる可能性があるのはロビーの別ケージのみで、自作ケージには引っかかるような部分がありません。よりによって引っかけ率の高いロビーのケージが…。ロビ小屋も自作しようかな?

ロビーは去年は頻繁に引っかけてました。ケージ内のステージは外し、出入り口は出す時に気をつけていたので、以来引っかけてませんでした。が、今年はニコが! ニコは一昨年去勢してます。でも引っかけ事故はノーマルニューター関係ないんですね。ノーマルの方がぴょこっと出てることが多いので発生率は高くなります。放牧中、ロビ小屋は開けっ放しになっていて、当然ニコラテは中に入ってチェックします。で、出る時にピタッと動きが止まったので「あ、やばい!」と動かないよう押さえつけ、ダンナを呼んで外してもらいました。去勢して以来初めての引っかけだったかも。

ニューターの男の子を飼っている方も気をつけてあげて下さいね。だらーっとしてる時にtintinの頭が出てることがあります。
[PR]
by amica_c | 2006-04-17 12:46 | Life

本日の体重:4月16日

本日の体重。ニコ1260g(+10g)、ラテ750g(±0g)、ジュリ880g(±0g)、ロビー1410g(-110g)、バティ1360g(+30g)、アル960g(-50g)。(前回3/21)
[PR]
by amica_c | 2006-04-16 02:51 | Weight

春のワクチン

ラテとバティの今年のワクチンをすませました。これで春組(ニコラテバティ)は終了。あとは秋組になります。

さて、懸案のアルの血糖値。三週間ぶりに血糖値だけ検査してもらいました。今度はバティとジュリを付き添いにして、リラックスさせ、朝ごはんを食べさせてからにしました。結果……変わらず。70代の低血糖でした。が、うちが行っている病院ではこの数値ではインスリノーマという診断にはならないそうです。アルは血糖値だけで、他の数値は正常だし、ぐったりしたり元気がないという症状が出てないので、「血糖値が低い」というだけの扱いになり、経過を見守るという対処になるそうです。尿検査もレントゲンも必要ないと言われました。ただ、これから定期的に血糖値検査は続けていくことになりました。

このくらいの数値の子の方が、インスリの子より血糖がちょっと下がるという状態に弱いそうです。ちょっと下がっただけで発作を起こすこともあるそうで、その点だけ注意してって言われました。亡父の遺品にあったブドウ糖をもらっておいたのが、役に立つ?

食餌療法を普通は勧められるんですが、うちは普段のごはんが食餌療法みたいなもので、んー、あとはタンパク質が消化吸収しやすいようなサプリを足す程度かな? あとは幸運にも某さんより送っていただいて本日到着したサプリを試してみるつもりです。これについては成果があったら後日書きます。引越が終わって落ち着いたら、ちょっとアルのお肉を食べる練習を強化します。もっとワシワシ食べてほしいです。アゴを動かし代謝を活発に!
[PR]
by amica_c | 2006-04-16 02:47 | Health

まだ炬燵フェレ

b0025926_2361717.jpg
もう4月なのにこたつ愛用者のラテ。時々ニコとジュリもこたつで寝てます。ロビーとアルは違う場所が野宿の定位置だし、バティは野宿しません(^^;)。バティは放牧してると2時間でも3時間でも起きて遊んでいます。なので大抵つかまえてケージに戻してます。

夜の1階組(ジュリ、バティ、アル)の放牧中にあまりにおやつをねだるので、代わりにドライフードを出してやったら全員でパリポリ。ごはん前だったので失敗したかも〜って思いましたが、ちゃんと別腹だったようです。ごはんの支度を始めたら、全員足下で待機。ドライ大好きのアルでさえ、ちゃんとお肉ごはんを食べました。1階組はどちらかというとドライが好きなんだと思ってましたが、認識を改めました。アルはこの頃汁系が一番好きなようで、肉ごはんのスープ(ビタミンミネラル剤その他入り)や卵の黄身が好物になりました。

けれど春です。全員食べる量が落ちてきました。これからどんどん落ちて、体重も落ちるのでしょう。秋から冬にかけての大食らいする時期が終わりです。季節で食べムラがあるのはいいことだそうです。体内時計がちゃんとしてるってことですから。
[PR]
by amica_c | 2006-04-12 03:04 | Life

アル君3歳(仮)

b0025926_1482124.jpg4月8日はアルの誕生日でした。ただし仮の。里子ちゃんなので正確な誕生日はわかりません。歯の黄ばみ具合、汚れ具合、犬歯の摩耗具合で2歳から3歳という推定で、うちに来た10月8日から半年引いて4月8日が誕生日の2歳半と設定しました。本当はもっと若いかも。でも花祭り生まれっていいかもしれないっと、そのままにしてます。

8日土曜日は亡父の納骨の日だったので特に何もしませんでした(^^;)。昨日はいつもより放牧回数を多くして、だらだら遊び、キャットフードのおやつをあげ、バイトもちょっぴりあげました。相変わらずひとり遊びの時間が長いですが、ジュリとは日に1回バトルをするようになり、たまにバティ相手にバトルをしかけてます。うちに来て半年、まだまだ後ろ足は弱いように見えます。獣医さんにそう言ったら、うちの比較対象のオスは、元ノーマル、現ノーマル、NZだし、うちには筋肉バカが揃ってる(という表現はしませんでしたが(^^;))ので、比べたらかわいそうって言われてしまいました。それでも短距離ならダッシュで走るようになりました。ジュリの場合も「一生後ろ足は弱いのかも…」って思っていたら、今はガンガン高いところに飛び乗る子になったので、もう少し長い目で見ていくことにしました。

でも半年経っても「クックック…」鳴きはしません。うちの他の連中は全員うるさいぐらいに鳴きます。おもちゃの取りっこで「シャー!」って言います。バティにバトルでやられると「キュイキュイ」言います。なのに「ククク」は…。「ククク」は言わない子もいるんですかね? もう少し慣れてきたら言うようになるのかな?
[PR]
by amica_c | 2006-04-10 14:22 | Event

フェレ用の皿は?

動物病院に行くと、よく待合室に犬や猫のグッズカタログが置いてあり、無料配布してます。私はあれを見るのが好きで、よく持ち帰ります。そのカタログにある「ヘルスウォーターボール」というのが前から気になってました。なんでも鉱石とセラミックと粘土でできていて、その陶器から出る波動が水を活性化させるとかなんとか。とある獣医さんのブログで、その獣医さんが自分のうちの猫で実験したとありました。結果、必ずそのボールの水を選んで飲んだそうです。なので猫の場合、結石予防で使ってる人が多いそうです。

そのシリーズに新しい製品が出ていて、その形状は猫がごはんを食べやすいよう考えられてるそうです。この食器を見て以来、アルがお肉ごはんを残すのはひょっとして食べにくい食器を使ってるから? と、考えてました。うちではフェレごはんにココット皿などのカップ型の食器を使ってます。主な理由はひっくり返す率が減るからです(笑)。でもアルの食べ方だと食べにくそうです。他の連中はピカピカの洗い立て?ってぐらいにして食べるので、食べにくいってことはないと思いますが。

b0025926_401591.jpgってことで100均(またか…(^^;))で適度に浅い皿を数種買ってみました。……いつもより食べやすそうです。でもやっぱり今日も残してました(T_T)。でもこの頃は骨も粉砕した骨ごとミンチをあげてるのですが、いつもよりポリポリ食べていたような……?? 食器を変えた効果があったのかよくわかりません。アルだけ別の場所で食べさせてます。ジュリバティと一緒の場所で食べさせると、「アイツのは楽なごはんだ!」と2匹が横取りしちゃうのです。


うちで一番の骨好きはニコで、二番はラテです。この2匹はごはん時間は延々と「ポリポリ」と骨を囓って時間をかけて食べてます。お陰でニコは先日の健康診断の時、アゴと頬の筋肉が凄く発達してると言ってもらえました。アルも早く骨をバリバリ囓ってほしいものです。
[PR]
by amica_c | 2006-04-06 04:11 | Food

フェレ仕様部屋

うちにフェレが来た当初、フェレットって何をしでかすのかわからない状態でした。飼育書を読んだりネットで見たりして、狭い隙間に入らないようガードを作りました。しかし実際には彼らは知恵があり、力もありました。何度も突破されて、更に工夫して補強を重ね、今に至ってます。補強できない箇所は監視下で放牧することで補ってました。引っ越し先でもフェレ専用部屋は用意できないので、人間と同居です。でも今度は最初からフェレットがいることが前提なので、家具の配置など、対フェレ用にする予定です。本棚の下の段は空にするか、カバーをして本を出せなくしたり、作業机の上にあがる導線を作らないよう配置します。フェレ用ペットゲートを注文し、カーペットは敷かずに滑り止めワックス(犬用)を塗ることにしたし…ああ、やることが山積み!

毎週末実家へ片づけに通ってます。平日は仕事をしながら、少しずつこちらの片づけをしてます。まだまだものをたくさん捨てないとなりません。ちょっとうんざりかも…。

b0025926_2281055.jpg

b0025926_2282682.jpg
散々いじくりまわして、まった〜りしたニコを床に置いてみました。そのままの姿でぼーーーーーっとしてます(笑)。しばらくしたら「なんで写真撮ってるの?」って顔で見返されました(笑)。

この数日気温差が激しかったせいか、ラテとバティが咳き込んでました。風邪気味だったみたいです。ビタミンCとオリーブの葉のサプリをオメガ3オイルに入れて、お薬気分。ところがニコラテ(ニコもほしがったので)はちょっと舐めて激しく拒否。ジュリバティ(ジュリもほしがったので)は平気でペロペロ。なんでこんなに差があるの? ごはんに入れたらわからなかったくせに。効果があったのかなかったのか、翌日には咳はなくなりました。
[PR]
by amica_c | 2006-04-05 02:37 | Life


我が家のフェレットのニコ、ラテ、ジュリ、ロビー、バティ、アルの6匹の日々の日記です。mixiの日記のフェレット記事を共有中。


by amica_c

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
Profile
Life
Play
Movie
Event
Food
Health
Weight

以前の記事

2012年 04月
2011年 11月
2011年 09月
2010年 12月
2010年 11月
more...

フォロー中のブログ

Life with Fe...
愛のクリーム煮
kirakira星
いたち猫的日常風景
hairy kids
鼻毛鼬のお花畑
いたちたちの徒然日記
えいちぃーずのずっこけ徒然日記
ねこのきもち
思う壺Bar withフ...

本サイトとリンク

最新のトラックバック

カーペット
from ブログで情報収集!Blog-..
タウリン 効果
from タウリン 効果
やっと新調~
from いたち猫的日常風景
大地、カエル・デビュー(..
from いたち猫的日常風景
ケモノなのに共同便所を作..
from 町人思案橋 (時事と常識戯問..
甘えん坊症候群
from ..
調味料バトン♪(遅っ;;
from えいちぃーずのずっこけ徒然日記
似てる? ・・・おバカさ..
from いたち猫的日常風景
思い出作り。
from ..
[memo]調味料バトン
from るるむく日記

タグ

(45)
(44)
(40)
(34)
(29)
(29)
(17)
(15)
(15)
(14)
(12)
(11)
(9)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)

ライフログ


フェレットの医・食・住 改訂版


犬と猫のための手作り食―ペットの健康のための賢い選択


いたずらフェレットは容疑者 [ペット探偵2] (ランダムハウス講談社 シ 2-2 ペット探偵 2)


マラソン2年生


よつばと! 10 (電撃コミックス)


とりぱん(10) (ワイドKCモーニング)


劇場版トライガン「TRIGUN Badlands Rumble」(DVD通常版) [DVD]


MICHAEL

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧