<   2006年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

トラウマ

b0025926_321522.jpgアルは去年の秋に5匹まとめてアトラス20のキャリーに入れられて捨てられてたそうです。発見時の様子を聞くと、水ボトルもなしで数日…あるいはもっと入れられていたような状態だったそうです。ひどく痩せていたし、毛並みもパサパサでした。アル以外の2匹は今も様子が伝わってくる範囲で引き取られています。アルの低血糖について相談してみたら…意外な事実がわかりました。アルを含めて3匹の共通点があるようなのです。全員キャリーが怖い! そうみたいです。1匹はインスリノーマで、キャリーに入れて病院に行ったら発作を起こし、もう1匹もキャリーに入れたら大暴れ! 仕方なしに抱っこして車で病院に連れて行ったそうです。

アルは、去年キャリーに入れた時はジュリやバティと一緒だったせいか平気でした。今回は1匹だけ。触診をしてもらった時、「膀胱がぱんぱんです」と言われました。採血をした時おしっこを漏らしちゃったそうです。ジュリ達と一緒の時はキャリーのトイレを使っていたのに。緊張しておしっこもできなかったみたいです。

これで獣医さんがインスリノーマの子にあるべき他の徴候が見られないと言ったのもわかりました。キャリーが怖くてストレスをためまくっていたみたいです。次回行く時はやっぱりジュリも(バティもかな?)一緒に連れて行きます。それで血糖値が正常値だったら、『キャリー怖い』が原因だってはっきりします。

b0025926_322522.jpg
うちの近所の桜の名所の枝垂れ桜です。撮ったのは一昨日です。昨日からの寒さと風で散っちゃったかな?
[PR]
by amica_c | 2006-03-31 03:34 | Life

久々の病院

b0025926_17211496.jpg春の陽気に誘われて、本能の導くままにちょっと穴掘り。

b0025926_17213279.jpgこうして大地に耳をつけてみれば、春の鼓動が聞こえてくる……。

なーんて訳ではなく(笑)、掘り掘りした後匂いつけのマーキングをしてるところです。なんだか気絶してるみたいに見える(笑)。うちはこれから毎年ロビーの発情行動で春の訪れを知るようになるのですね。風流?(笑)


去年の秋のアルのお迎え騒動から半年弱。久しぶりに病院に行きました。本当はもっと早くいきたかったんですが、こちらがバタバタしてしまって。ニコの今年のジステンパーをすませてきました。本当は先月末だったんですが、告別式やらなんやらだったので延ばしてました。軽い健康診断もしてもらって何事もなし。

そして、アルの健康診断。精神的にも落ち着いてきたし、体重の上下変動もおさまったしってことで、血液検査をしました。触診などしてもらい、歯のチェックもしてもらい、改めて年齢判断をしてもらうと、去年診てもらった時より若いかもって…。2歳ぐらいかな?って判断でした。えー、来月3歳って仮の誕生日にしちゃいまいたが(^_^;)。ま、いいかぁ。触診の結果もなんともなく、毛ぶきもいい、表情もいいってことで、多分血液検査も大丈夫でしょうってことでしたが…。

血糖値が低かったです! しかも微妙に。インスリノーマと言うには高く、平常と言うには低いってラインでした。実は7〜8時間絶食状態での検査だったので(うちは肉を喰わせてる関係で、最低でも5〜6時間絶食させてから検査してます)、来月再び血糖値だけ検査に行きます。次は朝ご飯をあげてから検査してみます。来月はラテのテンパーワクチン接種がありますし、ニコラテも去年のお誕生日検診をしてないので(去年の誕生日は下痢っぴー明けでした)、一緒に来月血液検査をします。年齢的にインスリになるにはまだ若いから、多分違うと思いますよーって言われて病院をあとにしました。ストレスかなぁ? 来月は精神安定剤にジュリを一緒に連れて行こうかな?(笑)
[PR]
by amica_c | 2006-03-27 17:57 | Health

新しいサプリ

b0025926_4205348.jpg先週到着した消化酵素を入れ始めたせいか、半数ぐらいが軟便に。慌てて入れる量を減らし、いつもの乳酸菌生産物質を入れたら、ロビーとバティ以外は普通便に回復。ロビバチはまだ数日かかりそうです。

この消化酵素、「FerretZyme Plus」というフェレ用消化酵素なんです。今まで何度か買ってるショップ、ハワイのショップなんですが、そこで本国からお取り寄せをお願いして買ってみました。ハワイはフェレットの飼育禁止の州なのでフェレ用品は置いてないけど、このフェレザイムを出してるメーカーの商品を扱っているので問い合わせたら、取り寄せてもらえました。何が他の消化酵素と違うのかというと、肝臓と膵臓の強化のできるもの(つまり健康な牛のレバーをフリーズドライしたものと膵臓の濃縮液)が入ってます。その他に乳酸菌も2種類入っているから、ロビーはこれがダメだったのかも。

しばらく様子を見て、ダメそうならロビーとバティは消化酵素だけの商品と肝臓や膵臓も含んだグランデュラーをあげることにします。その他数種のサプリを買いましたが、まずは軟便が治ってから。

アルの体重が大分減りましたが、アルの軟便は1日だけだったので、これは運動量が増えたせいだと思います。お腹がぷっくりしていたのも少しへこみました。
[PR]
by amica_c | 2006-03-21 04:34 | Food

本日の体重:3月21日

本日の体重。ニコ1250g(+60g)、ラテ750g(+20g)、ジュリ880g(+40g)、ロビー1520g(±0g)、バティ1330g(-70g)、アル1010g(-140g)。(前回2/14)
[PR]
by amica_c | 2006-03-21 04:09 | Weight

海外の住宅事情

引っ越しして、落ち着いたらやってみたいことがあります。今メインで使用してるフェレケージは、スチール棚を利用した自作ケージです。このケージは日本国内のフェレ飼いさんで自作ケージを作ってるサイトと海外のサイトを参考に作りました。今のケージのもう少し発展型のケージを作りたいなって思ってます。

海外のサイト…主にドイツ、イギリスあたりですが、さまざまな工夫を凝らした力作を見ることができます。特にドイツはDIY発祥の地で、自分で家をいじったり家具を作ったりするのが当たり前というお国柄。自慢の自作ケージをサイトにアップしてるところが多いです。例えばこちらでは、どうやら金属の小さなケージはフェレットには不適切なので、自作しましょう!と説明してるようです(ドイツ語→英語→日本語の自動翻訳を通してるので、今一意味がはっきりしませんが)。特にクローゼットの組み立てキットを利用したこちらは有名で、あちこちのサイトで見掛けます。こちらのページで作り方の紹介があります。こちらも既製のクローゼットを利用したケージ。他にも本棚やシェルフを再利用したケージもたくさんありました。

更に、日本とは気候がちがいますが、屋外にフェレ小屋を建てる場合も多いようです。ドイツのフェレ小屋ノルウェーのフェレ小屋、それにイギリスのフェレ小屋。庭に作る場合、浅い池を作ってそこでフェレが水遊びができるようにしてることも多いようです。

こうした大型フェレケージにはキャットタワーやチューブなどのおもちゃも入れてあります。基本的に日本でのフェレの飼育情報はアメリカのがベースになってます。ヨーロッパスタイルとはちょっと違うようです。こういう自作ケージは見てるだけでも楽しく、100枚ほど画像を保存し、楽しく眺めてます。
[PR]
by amica_c | 2006-03-15 03:12 | Life

2006年度の別居

b0025926_13462472.jpg今週末に別居…と昨日の記事に書きましたが、夕べケージ内でニコを羽交い締めにしていたので(笑)、ロビー用ケージを出しました。これで今年の終わりか来年頃までロビーはひとり暮らしです。しばらくニコラテとは一緒に放牧できると思いますが、それも来月頃でできなくなるかな?


b0025926_13473880.jpgアルのもふもふ加減を記録に残しておきたいのですが、なかなかちゃんと写真が撮れません。バティと一緒にこたつに上がってコーヒーカップにいたずらしようとしてるところ。実はアルはバティとほぼ同じ体長です。意外と大きな子なのですが、骨格がバティほどがっちりしてないのです。


b0025926_13475234.jpgもう一枚。少しは毛がもさもさした様子がわかるかな? でも目が光っちゃいました〜。

[PR]
by amica_c | 2006-03-10 13:53 | Life

春の兆し

b0025926_13382075.jpgさて、しばらくお休みしてましたが、再開です。

近頃の連中のご報告。まず二階組(二階建てケージの二階部分に住んでいるので)のニコ、ラテ、ロビーは揃って換毛期です。ラテはまだ抜けてますがほぼ生え揃ってきました。去年の秋の毛替わり時期にお迎え症候群になったせいか、貧弱な毛だったのが、もふもふになってきました。えーーーーっと、冬毛? ニコとロビーは下から新しい毛が伸びてきてますが、まだそんなに抜け毛は多くないです。一階組の内、バティとアルは換毛終了。ジュリは全然(^^;)。バティはさっぱりとして夏毛になりました。アルはもふもふの冬毛です。

アルはもふもふになり、太り、運動不足が目立ってました。お腹がぽっこり出てましたが、数週間前からごはんに混ぜるようになった免疫強化のサプリメントのせいか、この1週間ほど、やたら元気です。バティにもジュリにもバトルをしかけ、よくどたどたと走り回るようになりました。まだお腹は出てますが、運動量が上がってきてるのでその内すっきりすると思います。お肉ごはんもつかまえて食べさせなくても食べるようになりました。まだ骨や塊肉は食べられませんが。

そしてロビー。彼が一番季節を感じさせます。発情してきました。匂いも香ばしくなってきましたし、マーキングも頻繁にするようになってきました。まだ時々ケージ内でニコを舐め舐めして鳴かせてる程度ですが、今週中には別居生活が始まりそうです。4月まで保たなかったか…。

フェレも長らく親しんでいた我が家ですが、夏前に私の実家に引越し、母と同居することになりました。私達は二階部分に住むことになるのですが、フェレズは私の仕事部屋に同居することになりそうです。今はダイニングにケージを置いてるので、夜は静かでしたが、私が仕事で徹夜したりしたら、フェレズも落ち着かないかも。フェレに解放できるスペースは今よりちょっと広くなるかな? 実家のわんことは住む階が違うので顔合わせはしないでしょう。メリーさんはフェレズが嫌い(というか、他の犬も嫌い(笑))なので、住み分けです。
[PR]
by amica_c | 2006-03-09 13:52 | Life


我が家のフェレットのニコ、ラテ、ジュリ、ロビー、バティ、アルの6匹の日々の日記です。mixiの日記のフェレット記事を共有中。


by amica_c

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
Profile
Life
Play
Movie
Event
Food
Health
Weight

以前の記事

2012年 04月
2011年 11月
2011年 09月
2010年 12月
2010年 11月
more...

フォロー中のブログ

Life with Fe...
愛のクリーム煮
kirakira星
いたち猫的日常風景
hairy kids
鼻毛鼬のお花畑
いたちたちの徒然日記
えいちぃーずのずっこけ徒然日記
ねこのきもち
思う壺Bar withフ...

本サイトとリンク

最新のトラックバック

カーペット
from ブログで情報収集!Blog-..
タウリン 効果
from タウリン 効果
やっと新調~
from いたち猫的日常風景
大地、カエル・デビュー(..
from いたち猫的日常風景
ケモノなのに共同便所を作..
from 町人思案橋 (時事と常識戯問..
甘えん坊症候群
from ..
調味料バトン♪(遅っ;;
from えいちぃーずのずっこけ徒然日記
似てる? ・・・おバカさ..
from いたち猫的日常風景
思い出作り。
from ..
[memo]調味料バトン
from るるむく日記

タグ

(45)
(44)
(40)
(34)
(29)
(29)
(17)
(15)
(15)
(14)
(12)
(11)
(9)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)

ライフログ


フェレットの医・食・住 改訂版


犬と猫のための手作り食―ペットの健康のための賢い選択


いたずらフェレットは容疑者 [ペット探偵2] (ランダムハウス講談社 シ 2-2 ペット探偵 2)


マラソン2年生


よつばと! 10 (電撃コミックス)


とりぱん(10) (ワイドKCモーニング)


劇場版トライガン「TRIGUN Badlands Rumble」(DVD通常版) [DVD]


MICHAEL

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧